「口頭」と「電話」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「口頭」と「電話」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「口頭」「電話」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「口頭」とは?

「口頭」の意味と使い方について紹介します。

「口頭」の意味

「口頭」「こうとう」と読みます。

意味は「文書ではなく、直接口で言葉にして述べること」です。

「口頭」の使い方

「口頭」は、文書ではなく、口から出る音声により言葉を伝えることを言います。

説明や自分の主張などを、手紙やメール、LINEなど文字や文書ではなく、言葉で直接伝える時の表現です。

「口頭で説明する」は、書類や資料などを渡さず、その場にいる人にものごとの内容や注意点、指示などを話すことを言います。

緊急に発生したことで細かい対応が追い付かない時や、逆に大したことではない補足などに対して使われます。

「電話」とは?

「電話」の意味と使い方について紹介します。

「電話」の意味

「電話」「でんわ」と読みます。

意味は「音声を電気信号に変えて、遠く離れた地点まで送り、そこで再度音声に戻すことで通話ができる機械のこと」です。

「電話」の使い方

「電話」は、電話機という機械のこと、又はそ電話機を通して話しをすることを言います。

電話機は、人が話した言葉を一度電気信号に変えて、離れた地点まで送り、そこで再度信号から音声に戻すことで人の声が聞こえる仕組みです。

ビジネスなどでは「電話する」で、電話機を通して話しをするという意味で使われます。

「電話」「電話機を使って相手に直接言葉を伝えるもの」であり、「口頭」の一つの手段に含まれます。

「口頭」と「電話」の違い!

「口頭」「文書ではなく、直接口で言葉にして述べること」です。

「電話」「電話機という機械のこと、又はそ電話機を通して話しをすること」です。

まとめ

今回は「口頭」「電話」の違いをお伝えしました。

「口頭は直接口で伝えること」「電話は電話機を通して直接口で伝えること」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典