スポンサーリンク

「叱責を受ける」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「叱責を受ける」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、叱責を受けるの意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

叱責を受けるとは?意味

叱責を受けるとは、相手に叱られたとき、その責任は自分にあると反省するという意味になります。

叱責されると人は落ち込みますが、怒られた意味について真剣に考えて、反省し、その後の行動を改めるときにも使う言葉です。

ビジネスシーンでもよく使われている叱咤を受けるは、失敗したとき、間違いなくやってほしい、こうやれば問題なく仕事ができるなど問題を起こしてしまった人に対して厳しく助言するという意味があります。

その後に「受ける」と付けることで、その助言を真摯に受け止めて、今後の仕事では失敗しないようにしようと誓う気持ちを込めて使う言葉です。

叱責を受けるの概要

上司が部下に対し、仕事での失敗を反省させるために「君は間違っている」と叱責することで自分はミスしたという問題について真摯に受け止めます。

真摯に受け止めた部下は、今後、怒られないように身を引き締めて仕事に取り組もうと考え直すわけです。

相手をしっかり叱り、非難し、責任はあなたにあるという気持ちを強く伝えるために使い、相手を責めて、気を奮い立たせる気持ちを込めて厳しく注意します。

注意された方は「どうして怒られたのかよくわかった」と受け止め、今後の行動や言葉、やり方を見直すわけです。

叱責を受けるの言葉の使い方や使われ方

職場では、下で働く者が仕事でミスしたとき上の者が注意して、「責任は自分にある」ということをしっかり分からせるために叱責するときに使う言葉です。

叱責を受ける方は言われたことを守らなかったために失敗してしまったときや、やるべきことをやらなかったなど、本人のミスで問題を起こしてしまったときに叱責を受けます。

かなり強い口調で叱ることで、叱られた人は自分が責任をとることは当たり前だと反省するのです。

叱責を受けるを使った例文(使用例)

・部屋が汚いと母親が俺を激しく叱責するので1日かけて片付けた。

・大学に落ちたのは自分が悪いと父親からひどく叱責を受けたので猛勉強した。

・仕事でミスしてしまい、叱責を受けた私は身を引き締めて仕事に挑む。

どうせ自分の部屋なのでいいだろうと整理・整頓していなかったことを母親に注意されたので、後片付けをする人もいます。

また、父親からきつく注意されたことで大学に落ちてしまったのは自分だと感じた人は、気を引き締めて勉強します。

仕事でミスしてしまった人は、上司から注意されたことをしっかり受け止めて、失敗のないように仕事に挑むわけです。

まとめ

自分ではどのようなことで失敗したのか、問題となってしまったのか分かっていない人に対して、他人がトラブルの原因について伝えて、その人に分からせるために使う叱責を受けるという言葉は、しっかり本人に反省させるために使われています。

ときには叱責して、浮ついた気持ちを引き締めさせることも必要です。

叱責を受けた人は心を入れ替えて、今後は真剣に仕事に挑むでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典