スポンサーリンク

「司会進行」とは?意味や使い方、例文や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「司会進行」とは?ビジネス用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「司会進行」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「司会進行」とは?意味

「司会進行」とは、企業や個人経営店もしくは、公共事業施設などで行事や会議などの進行役を打って出ることです。

つまりは、司会者となることに打って出ることを「司会進行」と呼び、もしくはすでに司会者となって会議や行事を務めあげている状況のことを「司会進行」と呼びます。

「司会進行」の概要

「司会進行」という言葉は、話を推し進めていく人物を司会者に求めたという言葉になります。

何故なら、「司会」という言葉自体が進行役をかって出た人物のことを指し、「進行」というのは前に進み出ることを意味するのです。

では、「司会を進める」でもよいのではないかと思われるでしょうが、これはある意味正解ですがある意味では間違いです。

何故なら、「進行」には、物事をはかどらせるという意味もあり、「司会進行」という言葉は、話を推し進め物事をはかどらせること自体を指しますので、「司会進行」は、必ず物事が前に進まないといけません。

「司会進行」の言葉の使い方や使われ方

「司会進行」は、企業の行事や会議などが前に進み結果を残せるよう進むよう話を持ち掛けたり、もしくは話を推し進める者に対して使用する言葉です。

人に対して使用する場合、司会者の方に対して「司会進行」という形で話を前に進めるようお願いをするために用います。

人以外に使用する場合、話が進んでいないと踏み、周囲に話が進むよう「司会進行」と周囲に告知することで使用されることもあります。

逆を言えば、人に対して使用する場合も、そうではない場合も話が進んでいないと思われるとこの言葉が飛び出し、話を前に進めるよう催促するために使用することが多いです。

「司会進行」の類語や言いかえ

「司会進行」の類語や言いかえは、話を前に進ませるという意味合いで使用する言葉であればよく、例えば「リードする」や、「場を取り仕切る」「その場を取り仕切る」という言いかえや類語群があります。

なお、「ナコード」という言葉も「司会進行」という意味に当たるのではないか、と思われるでしょうが、「ナコード」「司会進行」の役割がありますが、もっと別の意味もあり「ナコード」の場合は、人間関係の改善を量り、より良いものにすることが主な目標でありますので「司会進行」のように話さえ進んでよい方向に行けばよいというわけではなく、「ナコード」は人間関係をよくすることができるよう務めあげるのです。

まとめ

「司会進行」はいわば、司会者となり話を推し進めより良い方向にもっていくことができる人間や、それら行為を表す言葉です。

「司会を進める」という言葉がありますが、これでは、「進行」と比べると、物事が良い方向に行くという意味がないため、生まれたのがこの「司会進行」という言葉であると言われています。

「司会進行」「ナコード」という言葉があり、両者は一緒であると言われることがありますが、実は、「ナコード」の方がより人間関係をよりよく仲介する役割がある分、「司会進行」と比べると仲介者としての権限がとても強く、人間同士の間に割って入るなど労力を伴うのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ビジネス用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典