「合コン」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「合コン」

合コンという言葉は古くから使われている表現です。

合同コンパの省略であり、仲間との親睦を深めるために行われる飲み会を指すことが多いですが、最近では恋人を見つけるために男性と女性の人数を揃えて行うことが多いです。

「合コン」の意味

明治時代、同じ学校に通う人々が親睦を深めるため、お酒を飲みながら話をするという習慣が生まれました。

これがコンパの下になっています。

これが今の大学に受け継がれ、特に大学に通う人たちの習俗として広まるようになりました。

合同コンパは一般的に男女が出会う場として設定されることが多く、例えば男性3人女性3人で合コンを行うなど、出会いを求めた飲み会の席を指すことが多いです。

また、合コンの席で自分を得るために、自分以外の同性の出席者には見劣りをする人を選ぶなどという戦略が用いられることもあります。

「合コン」という言葉の使い方

合コンという表現は主に大学生が使う表現ですが、結婚していない若者が使うことも多く、主に出会いの場を指して使われることが多いです。

パートナーのいない人たちが集まる場でもあり、合コンではお酒やゲームが利用されることが多いです。

「合コンをしよう」「合コンに誘われている」などと使われることがあります。

「合コン」を使った例文

ここでは具体的に合コンという言葉を使った例文を紹介します。

「合コン」の例文1

「今度合コンをしよう」

友達が恋人と別れてショックを受けている時など、新たな出会いの場を設けるために「合コンをしよう」と提案することがあります。

その恋人が素敵な人と出会えるように、参加者もしっかりとチェックしておかなければいけません。

素敵な恋人と出会いたい、異性と友達になりたい、などという場合に気軽に「合コンをしよう」ということができます。

「合コン」の例文2

「春は合コンの季節ですね」

春は入学や就職の時期であり、新しい出会いがたくさんあります。

新入生や新入社員を歓迎するために歓迎会が行われることもありますし、お花見を利用して飲み会が行われることもあります。

新しい生活が始まるからこそ、恋人を見つけて生活を楽しもうと前向きに考える人がたくさんいるのです。

そのため、春は合コンの時期だとも言われています。

特にお花見のシーズンはお酒もたくさん売れますし、夜桜を見ながら合コンをするという人も少なくありません。

「合コン」の例文3

「合コンのための人数合わせに呼ばれている」

合コンに誰かを呼ぶ場合、単純に良い出会いを提供するために人を誘うこともありますが、ただ単に人数合わせのために誘うこともあります。

例えば男性が3人、女性が3人、という設定で交換を行う場合、参加者には「3人ずつ集まるから」と言って声をかけます。

それなのに、いざ行ってみたら女性が3人なのに男性が2人しかいなかった、ということでは意味がありません。

むしろそのような合コンをしてしまったら、二度と同じ人も呼びかけに応じてもらえないことがあります。

そのため男女の人数を合わせることが大切です。

だからこそ、出会いを求めているわけではいない人であっても、「人数合わせのために生きてほしい」と声をかけることがあります。

「合コン」の例文4

「合コンであわよくばお持ち帰りをしたい」

合コンをした後、あわよくば女性をお持ち帰りしたいと考える男性もいないわけではありません。

特に体を目的としている場合、女性を酔わせて終電を逃させ、ホテルに連れて行くということを事前に考えている男性もいます。

そのため、合コンでは簡単についていきそうな女性が狙われる場合もあります。

もしも合コンに行くならば、恋人を作りたいのか、お持ち帰りをされたいのかなど、しっかりと線引きをすることも大切です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典