「同棲カップル」と「事実婚」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「同棲カップル」と「事実婚」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「同棲カップル」「事実婚」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「同棲カップル」とは?

「同棲カップル」は、「どうせいかっぷる」と読みます。

意味は「恋い慕い合う者同士が、付き合いの延長とし共同生活すること」です。

お互い好き合っている者同士が、長い時間一緒にいたいと思った時に、2人で一緒に暮らすことを言います。

将来結婚することを前提に相性を見ることもあれば、単に寂しいので一緒にいたいと思うこともあります。

家賃や光熱費、食事などを出し合いますが、生計を共にするのではなく共同生活になります。

相手に対する義務などは発生せず、解消するのも自由です。

「事実婚」とは?

「事実婚」「じじつこん」と読みます。

意味は「婚姻の意思を持っている者同士が、入籍していない状態のこと」です。

婚姻届を出していないのですが、お互い夫婦としての自覚があり、同居するだけではなく生計を共にしています。

住民票も同一世帯になり、周囲からも夫婦同然と思われ、「夫」「妻」としての義務責任が生じます。

因みに、「事実婚」を解消する場合は財産分与なども発生することがあります。

「同棲カップル」と「事実婚」の違い!

「同棲カップル」「恋い慕い合う者同士が、付き合いの延長とし共同生活すること」です。

「事実婚」「婚姻の意思を持っている者同士が、入籍していない状態のこと」です。

まとめ

今回は「同棲カップル」「事実婚」の違いをお伝えしました。

「同棲カップルは共同生活」「事実婚は生計を共にする」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典