「名刺入れ」と「カードケース」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「名刺入れ」と「カードケース」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「名刺入れ」「カードケース」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「名刺入れ」とは?

「名刺入れ(めいしいれ)」とは、「名刺専用の入れ物・ケース」を意味しています。

「名刺入れ」というのは、「複数枚の名刺を折れたり汚れたりしないように保護して収納できる専用ケース」のことなのです。

「名刺入れ」は、一般的な4号の名刺サイズである「91mm×55mm」に合わせてつくられていることが多いのです。

「カードケース」とは?

「カードケース」とは、「免許証・健康保険証・クレジットカード・キャッシュカード・ポイントカードなどのカード類を収納するための入れ物・ケース」を意味しています。

「カードケース」は、免許証やキャッシュカードのサイズである「ID-1規格(85. 60mm×53. 98mm)」に合わせて製造されていることが多くなっています。

そのため、「カードケース」はサイズの違いから名刺入れとしては使いにくい(無理に使うと名刺が折れたり汚れたりする)のです。

「名刺入れ」と「カードケース」の違い!

「名刺入れ」「カードケース」の違いを、分かりやすく解説します。

「名刺入れ」「カードケース」はどちらも「カードを収納するための入れ物・ケース」という意味では同じですが、「名刺入れ」「名刺専用につくられているケース・一般的な4号サイズの名刺が綺麗に収納できるケース」のことを意味しています。

「名刺入れ」に対して「カードケース」は、「免許証・クレジットカード・キャッシュカードなどの名刺よりもややサイズが小さいカード類(ID-1規格のカード類)を収納するためのケース」を意味している違いを指摘できます。

「カードケース」「名刺入れ」のように名刺専用でつくられていないため、名刺が入れにくかったり折れたりする恐れがある違いがあるのです。

まとめ

「名刺入れ」「カードケース」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「名刺入れ」とは「名刺専用の入れ物・複数枚の名刺を折れたり汚れたりしないようにして収納できる専用ケース」を意味していて、「カードケース」「クレジットカード・キャッシュカード・保険証・免許証などのカード類を収納するためのケース」を意味している違いがあります。

「名刺入れ」「カードケース」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典