「名宛」と「宛名」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「名宛」と「宛名」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「名宛」「宛名」の違いを分かりやすく説明していきます。

「名宛」とは?

「名宛(なあて)」とは、「手紙・荷物・証券などを受け取るべき相手を指定することや指定した相手の名前」のことを意味している言葉です。

「手紙・荷物・証券などの受取人」のことをダイレクトに表す言葉として、「名宛人(なあてにん)」という言葉もあります。

また「名宛」という表現には、「遊郭の遊女を指名すること」「特定の人を名指しすること」といった「指名」の意味合いもあります。

「宛名」とは?

「宛名(あてな)」とは、「手紙・書類・小包などに書く、それを送りたい人の氏名(名前)・住所」のことを意味している言葉です。

「宛名」という言葉は「手紙・ハガキ・書類・荷物(小包)などに記載する受取人の名前と住所」のことであり、手紙(封書)や宅配便などを送る時に、一般的に使用されている言葉になります。

例えば、「宛名を間違えがないように送り状に記載してください」「宛名がないので荷物を届けることができませんでした」などの文章で使用することができます。

「名宛」と「宛名」の違い!

「名宛」「宛名」の違いを、分かりやすく解説します。

「名宛」「宛名」「手紙・荷物などを送りたい相手の名前(氏名)」という共通の意味を持っていますが、「名宛」よりも「宛名」のほうが一般的に多く使われているポピュラーな言葉であるという違いがあります。

「名宛」には「手紙・書類・荷物などを受け取るべき相手の名前を指定する」という動詞のニュアンスがありますが、「宛名」のほうは「氏名の指定」ではなく「氏名そのもの」を意味する名詞のニュアンスになります。

また「宛名」には「手紙などを送りたい相手の氏名(名前)」だけではなく「住所」も含まれることがありますが、「名宛」のほうは「住所」を含みません。

さらに「名宛」には「遊女などの人を指名する」という意味がありますが、「宛名」にはその意味はありません。

まとめ

「名宛」「宛名」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「名宛」とは「手紙・荷物などを受け取る相手を指定することや指定した人の名前」「遊女・人を名指しすること」を意味していて、「宛名」「手紙・書類などに書く、それを送りたい人の氏名・住所」のことを意味している違いがあります。

「名宛」「宛名」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典