スポンサーリンク

「否定」と「意見」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「否定」と「意見」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「否定」「意見」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「否定」とは?

「否定」の主な意味は3つあります。

1つめは、そうではないということ、認めないことです。

「否」という漢字には、同意しないという意味があります。

幽霊はいると信じている人がいる一方、幽霊なんていないという人もいます。

いないという人は、幽霊がいると言う人のことを認めません。

「幽霊がいる」ということを「そうではない」とするのです。

このことは「幽霊を否定する」ということができます。

また、「暴力を否定する」といったような、よくないことを認めないという意味もあります。

2つめは、論理学で、命題の主語と述語の関係が成立しないことです。

3つめは、文法で打消しの語法のことです。

日本語の場合だと「~ません」「~でない」とすると打消しの意味になります。

「否定」の使い方

そうではないと認めないことや、打消しの意味で使用する言葉です。

「意見」とは?

「意見」には2つの意味があります。

一つは、ある事柄に対する考えや主張です。

よく考えたものの場合も、よく考えていないものの場合も意味しています。

今度の休みに家族で出かけることになったとします。

まだ行先は決まっていないので、家族それぞれが行きたいところを言いました。

母はデパートがいいといいます。

子どもは動物園がいいといいます。

これら、それぞれが言っていることは、その人の考えであり、「意見」ということができます。

もう一つの意味は、自分の思うことを言って、非を指摘することです。

たとえば、伯父が甥に対して「タバコを吸うのをやめなさい」といったとします。

甥は未成年で、タバコを吸ってはいけない年齢です。

正しくないことを正しくないとして指摘しており、このことを「意見」といいます。

「意見」の使い方

ある事柄に対する考えや主張を指して使用する言葉です。

よく頭を働かせて出てきた考え・主張についても、あまり頭を働かせずに出てきた考え・主張についてもいうことができます。

「否定」と「意見」の違い

「否定」とは認めないことです。

そうではないとすることを意味しています。

「意見」とは考えや主張です。

ある問題に対して「そうではない」とすることもありますが、この言葉自体には認めないという意味は含まれていません。

考え・主張のことであり、その考えや主張がどういったものなのかまでは、意味に含んでいない言葉です。

「否定」の例文

・『その言葉を否定された』
・『ほめ言葉を否定する』
・『不安があっても、それを否定しません』
・『おもちゃで遊ぶことを否定しない』

「意見」の例文

・『意見はありません』
・『健康的でいいと思います、という意見があった』
・『商品に対する意見を述べる』
・『意見をまとめる』

まとめ

「否定」的な「意見」もありますが、両者の言葉の意味は異なります。

使われる場面も異なります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典