「否定的な言葉」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「否定的な言葉」

否定的な言葉というのは「ひていてきなことば」と読み、マイナスな言葉、相手を否定するような言葉、相手を認めないような言葉、などという意味を持っています。

例えば子育てにおいてもこの否定的な言葉を言わないということが非常に大切です。

子供に対して否定的な言葉を言ってしまうと、子供は自分に自信が持てなくなってしまうのです。

また、あまりにも否定的な言葉を親が言った場合、子供はそのような表現を他の人に対してする可能性があります。

「否定的な言葉」の意味

相手を決めつけたネガティブな発言や、何かにおいても「でも」と言いたがるような人の言葉は否定的な言葉だと言えるでしょう。

否定的な言葉をいうことにより、損してしまうこともあります。

周りが何かを認めているにもかかわらず、「でも」と会話を続けてしまったらそれは否定的な言葉を使っているということであり、周りから怪訝な目で見られてしまう可能性もあります。

「否定的な言葉」の言葉の使い方

否定的な言葉というのは基本的にはネガティブな言葉という意味を持っており、相手を認めない言葉、相手を否定する言葉、という意味になります。

そのため、例えば「否定的な言葉はやめなさい」などと相手に注意喚起を促すときに使える言葉になるのです。

「否定的な言葉」を使った例文・短文(解釈)

それならば、否定的な言葉とはどのような文脈で使えるのでしょうか。

ここでは否定的な言葉を使った例文をいくつか紹介します。

「否定的な言葉」の例文1

「否定的な言葉を止めて肯定的な言葉を使おう」

否定的な言葉は周りの人を遠ざけてしまいます。

「でも」という表現ばかりを使っていたら周りから信頼されなくなる可能性もありますし、周りの人から距離を感じられてしまうこともあるでしょう。

他の人が一生懸命話を盛り上げているところで話を盛り下げると捉えられてしまうこともありますし、良い事は1つもありません。

そのため、否定的な言葉を使うのではなく、肯定的な言葉を使うように心がける事は非常に大切なのです。

「否定的な言葉」の例文2

「子供に対して否定的な言葉を使ってはいけない」

子育てにおいて否定的な言葉を使わないという事は非常に大切です。

子供に対して「あなたはこれができない」「どうしてできないの」「他の子はできるのに」などといった言い回しをしてしまうと、子供は自分に自信が持てなくなってしまうのです。

特に幼い頃の人格形成は非常に大切ですから、幼い頃から親に否定的な言葉も言われ続けてしまった子供は自分を認めることができなくなってしまいます。

その結果、とてもネガティブな性格になってしまうということも考えられるのです。

「否定的な言葉」の例文3

「否定的な言葉ばかりを使っていたら自分が損をするよ」

もしも自分が否定的な言葉ばかりを使っていたら、周りの人を遠ざけてしまう事はもちろん、自分自身もポジティブな考え方ができないなどといった問題を抱えてしまう可能性があります。

否定的な言葉ばかりを使っていたら、最終的に自分を傷つけてしまう可能性があるのです。

だからこそ、否定的な言葉をよく使う人は注意が必要です。

「否定的な言葉」の例文4

「あの人は否定的な言葉が多いから嫌だ」

話をしていると、常に「でも」という言葉を使う人がいますよね。

その人と話をするのは面倒だと思う人もいるのではないでしょうか。

確かに、何かにつけて否定されてしまったら話をしていても嫌になりますよね。

そのような時にこの文脈で否定的な言葉を使うことができます。

もしも自分が「でも」「だけど」などという言葉を多く使うということであれば、周りからこのように思われているかもしれません。

そのような表現は出来る限り控えるように努力をすることも大切です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典