スポンサーリンク

「命運」と「運命」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「命運」と「運命」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「命運」「運命」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「命運」とは?

「命運」は命自体が運によって左右されることで、生きるかもしれないが死ぬかもしれないことです。

けるという言葉は、死ぬかもしれないし、生きるかもしれないという場合において運がどちらかに左右するという意味になります。

「運命」とは?

「運命」は、いかなる選択をしてもそう決定づけられていることを指します。

例えば、病気の治療法がない時代においては、癌は絶対に死亡してしまうという病気でどんなに素晴らしい手術を行っても死亡してしまうという時代があり、こうした時代において、どんなことをしても最終的にこうなるというのが「運命」です。

その為、運命を変えるという言葉がありますが、これはまず不可能で「運命」という物は絶対に変わらない最終的な結末です。

「命運」と「運命」の違い

「命運」「運命」の違いは死ぬか生きるかという違いと、最終的にそのような結末で終わることが決定していることです。

「運命」は逆らえない物のことを意味し、簡単に言えば、人は絶対に死ぬ、という当たり前のことを指します。

一方「命運」は、どちらかを選ぶのは時の運で生きるか死ぬかになります。

「命運」の例文

・『貴様の命運はこれまでよ』
この例は、対象となる者の命が終わりを迎えるという意味です。

「命運」は、生きるか死ぬかで、このケースでは命のカギを握るのは貴様と言っている人物にあり、この人物がこれまでと言っているが故、対象は死亡する側に運があります。

「運命」の例文

・『君とは結婚できない運命だ』
この例は、対象となる者と絶対に結婚ができないことを意味し、いかなる選択をしようとも最終的に結婚は不可能だという例です。

恐らく、兄妹という関係など、血縁関係にある人物同士である可能性がこの例には存在しており、日本の場合、家族間同士での結婚については認められていません。

まとめ

「命運」「運命」の違いは、生き延びるか死ぬかという問題か、どの様な選択をしようが最終的に結末は同じことだとするかです。

良く、「運命を変える」というキャッチフレーズがありますが、これは絶対に不可能で例えば、絶対にそうなるという物を変えるには、絶対であるという定義を壊す必要性があり、例えば結婚であれば、兄弟と姉妹などで結婚を可能とするなど本来できないことを変えなければなりません。

その上で、できないことを変えることが無理であるが故「運命」は変わらず、簡単に変わることができるものをまるで宿命のように「運命」というのは大したことが無い事情にたいして大げさに事を荒立てているだけに過ぎないのです。

その為、簡単に物事をひっくり返せるようでは、「運命」と呼ばず、それは単なる覆るだけの事情であるといえます。

なお、「命運」については、命を握る側に対象の処罰の選択権がありますので、実のところ運ではなく、対象となる人物を説得できるかも関わるため、実は運の要素の他に相手の方に対する信用もあり「命運」においては相手の方に信用があれば信じてもらうことが可能で覆ります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典