スポンサーリンク

「和製外国人」とは?意味や言葉の使い方、概要(元ネタ)など

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「和製外国人」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「和製外国人」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「和製外国人」とは?意味

「和製外国人」は、日本人が海外で生活することで外国人化するのですが、海外で活躍できずに日本に帰ってきた人物は、この呼び方になります。

また、「和製外国人」は、元々海外で活躍していたその国の選手だったものが自国で活躍できずに日本人選手になり活躍することも、「和製外国人」と呼びます。

「和製外国人」の概要

「和製外国人」とは、早い話が日本人が外国人化することと、海外人が日本人化することで日本から見た別の人という意味です。

つまり差別用語に当たるのが「和製外国人」でに日本人でありながら海外で活躍したが実力が伴わず、二日本に帰ってきたものは外国被れという形で、「和製外国人」と呼ばれエセ海外人だと呼び、外人の場合、日本人になれない海外人であると差別するために存在するのがこの言葉です。

「和製外国人」の言葉の使い方や使われ方

「和製外国人」という言葉は、相手が海外で活躍した経験があるにも関わらず、日本に戻り活躍を希望した場合に相手を馬鹿にするために使用します。

これは、海外の人物に対しても使用し、自国で活躍できなかったからと言って日本で活躍を望む海外の選手やビジネスマンも「和製外国人」と呼び差別のためにこの言葉を使用します。

「和製外国人」を使った例文(使用例)

・『和製外国人扱いされても仕方がない野球の成績である』
この例は、エセ外国人呼ばわりされても仕方がない成績だという例です。

野球選手などで日本の選手が海外に行き、通用せず、帰ってきた場合、このように差別を受け、「和製外国人」と呼び、日本で生まれた大したことが無かった異国人と呼ぶのです。

・『和製外国人が増えるのは望ましいのだろうか?』
この例は、ビジネスなどで自国で活躍できなかった人物たちが日本に流れ込むというのは望ましいかという例になります」。

つまり、アメリカで活躍していたアメリカ人の人を雇っても活躍できるかどうかわからず、本当に望ましい雇用であるかを述べています。

まとめ

「和製外国人」については、この言葉は差別用語であるといえ、その理由は活躍できないことを悪いことであるとしてよその国の人であると結論付けています。

外国人という言葉が、まず異国の人という意味で、和製が日本で製造されたという意味でまるで日本で生み出された製品のように人を指すのでこれは差別であると言い切れるのです。

ですが、この言葉は、アメリカで活躍していたアメリカ人の人も日本で生活をして日本で仕事をすれば、日本が作り出した異国人という形になり、「和製外国人」という名前に代わるので、アメリカ人という人間としては扱っていません。

よって、この「和製外国人」という言葉はいかなる状態にあっても使用することは望ましいと言えません。

和製といえば聞こえが良いと解釈する人がいますが、この例は、悪い方向に和製が使用されています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典