スポンサーリンク

「商品券」と「ギフト券」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「商品券」と「ギフト券」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「商品券」「ギフト券」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「商品券」とは?

券に記載されている金額の商品やサービスを提供してもらうことができる有価証券です。

商品切手とも呼ばれます。

この券は、小売店や事業協同組合などが発行をしています。

自分で使用する目的で購入することはありますが、多くの場合は贈答品として購入されています。

発行している小売店やその加盟店などで使用することが可能です。

現金と同じように使用できますが、現金とは異なり、おつりがもらえないことがあります。

おつりについては、「商品券」や利用する小売店などによって異なります。

券に記載されている金額が、購入したい商品やサービスの価格に達しない場合は、現金とあわせて使用することが可能です。

「商品券」の使い方

金額が記載されている、小売店などで商品やサービスの購入に使用できる有価証券を指して使用をする言葉です。

5000円分、10000円分など、さまざまな金額のものがありますが、どのような金額でもこの言葉で呼ぶことができます。

「ギフト券」とは?

ギフトカードのことです。

券に記載されている金額に達するまで、商品やサービスなどを購入できる有価証券です。

「ギフト券」は、クレジットカード会社が発行するものを指して呼ぶことが多くあります。

しかし、百貨店などでも発行していることがあり、これらのことも指しています。

主に贈答品として購入されています。

この券は現金のように使用ができます。

しかし、現金とは異なり、おつりはでません。

使用できる場所は幅広く、スーパー、百貨店、コンビニ、専門店、ホテルなどで使用可能です。

どのような場所で使用できるかは、発行している会社によって異なります。

また、中華街専用、旅行専用など、特定の場所や用途に使用するものもあります。

「ギフト券」の使い方

クレジットカード会社が発行するものを指して、この名前で呼ぶことが多いです。

しかし、クレジットカード会社以外が発行するものもあり、それらを指して呼ぶこともできます。

「商品券」と「ギフト券」の違い

どちらも商品やサービスの購入に使用できる有価証券で、大きな違いはありません。

小売店や事業協同組合などが発行するものを「商品券」、クレジットカード会社が発行するものを「ギフト券」と呼ぶことがありますが、「ギフト券」にはクレジットカード会社以外が扱うものもあります。

また、おつりがもらえる、もらえないという点にも違いがあります。

「商品券」は扱う小売店などによって異なります。

「ギフト券」は、おつりをもらえないことが一般的です。

「商品券」の例文

・『商品券を購入する』

・『商品券をもらった』

「ギフト券」の例文

・『ギフト券を何に使おう』

・『ギフト券を使って飲食をした』

まとめ

どちらも同じようなものを指しているのですが、発行しているところや、おつりをもらえる、もらえないなどに違いがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典