スポンサーリンク

「喫茶店」と「カフェ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「喫茶店」と「カフェ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ちょっとした軽食や飲食する際に利用するお店には「喫茶店」「カフェ」があります。

同じような形態のお店なのですが、実は出すことができるメニューなどが明確に違うのが特徴であり、これは実際にお店を経営する側にとっては非常に重要な点になります。

この記事では、「喫茶店」「カフェ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「喫茶店」とは?

「喫茶店」は鎌倉時代に中国から伝わったお茶を飲んで嗜むことや楽しむ「喫茶」が由来とされています。

「喫茶」は中国茶を楽しむものだったのですが、現代の「喫茶店」ではお茶だけではなく色々なコーヒーや紅茶を出すお店となっています。

「喫茶店」は食品衛生法で決められた許可業種として喫茶店営業許可を取得することが必要であり、出せるメニューが法律で定められています。

「喫茶店」では酒類以外の飲料が提供可能となっており、料理に関しては単純案加熱したメニューのみが提供可能となっています。

「喫茶店」ではお馴染みのトーストも単純な加熱するメニューであり、これ以上の本格的な料理は出せない仕組みになっているのが特徴です。

「カフェ」とは?

「カフェ」とは元々コーヒーを示す言葉でもあり、このことからコーヒーを提供するお店が「カフェ」と呼ばれるようになりました。

語源がフランス語やイタリア語や英語ということで、欧米圏で流行したことから日本にもその文化が広まるようになりました。

「カフェ」はオープンスペースで開かれた空間であることが多く、色々な人がコーヒーを飲みながら談話や文化的な議論するなど市民の憩いの場所にもなっているのです。

「カフェ」は食品衛生法で決められた許可業種として飲食店営業許可を取得することが必要であり、こちらも提供するメニューが法律で定められています。

「カフェ」ではコーヒーや紅茶などの飲料だけではなく、アルコール飲料も提供することが可能であり、料理に関しても様々なものを出すことが可能です。

「喫茶店」と「カフェ」の違い

「喫茶店」「カフェ」はそれぞれ食品衛生法で決められた許可業種が違うのが大きな特徴であり、これによって出せるメニューが異なります。

「喫茶店」では飲料と簡単な軽食しか出せませんが、「カフェ」はアルコールを含めた飲料と様々な料理を出すことが可能なのでしっかりと食事を食べる時にも便利なお店となっています。

「喫茶店」の例文

・『大学の近くにあった喫茶店は頑固な店主がいたが、彼の煎れてくれたコーヒーは絶品だった』
・『高校の文化祭で喫茶店を出すことになったので、チラシを制作することに決めた』

「カフェ」の例文

・『その首都にある有名なカフェは、有名人や文化人が多く通うことが有名でありちょっとしたサロンのような雰囲気がある』
・『初めて彼女と行ったカフェは今でもお気に入りのお店なんですよ』

まとめ

「喫茶店」「カフェ」は食品衛生法で定められた許可業種が異なるので、出せるメニューにも違いがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典