スポンサーリンク

「営業所」と「事業所」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「営業所」と「事業所」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「営業所」「事業所」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「営業所」とは?

営業所の定義は「営業の拠点として活動を行う場所」になり、企業が顧客や取引先とのコンタクトを取るために主要都市にオフィスを構えています。

元来は商人が営業活動をするため中心にした場所で、現在ではオフィスになっています。

複数の営業所がある場合はメインを本店と呼び、サポートをするために支店を設置しています。

営業所の効果は以下の4つがあり、商業登記における管轄の標準、商行為で発生した債務の履行場所、裁判管轄の標準、民訴上の書類の送達場所です。

営業所は会社組織で使われる際には営業やマーケティングをメインに行い、事務所やオフィスになっています。

企業が戦略を拡大するために本社以外に利用しやすくするために設置され、従業員を分散させて顧客や取引先とのコンタクトをしやすくする役割があります。

営業所は会社を補足的に支える役割があり、規模が大きくなると増える傾向が強いです。

「事業所」とは?

事業所は事業を行うために拠点とする場所になり、企業が広い範囲で営業などをするために使われます。

また、会社法4条に規定され、本店などを統括管理する場所としての機能があります。

企業が営業活動をするときの拠点になり、重要なポストの従業員が配置され営業所に指示を出していることが特徴です。

1つの経営主体は経済活動の拠点として事務所を設け、生産や販売、サービスの提供を行うために事業所があります。

このため、企業においては重要な役割がある場所になり、営業所は事業所の下に置かれます。

事業所は派遣や下請けのスタッフのみで運営されていることもあり、拠点を増やして企業の経営を円滑にしていることが特徴です。

事業を拡大するためには分散させると指示を出しやすくなり、事業所はその中枢としての役割があります。

「営業所」と「事業所」の違い

「営業所」は企業が営業活動をするための拠点になり、「事業所」の中に含まれることが多いです。

「営業所」は数が多く企業が事業を拡大すると数が増えますが、逆に経営が悪化すると少なくなります。

「事業所」は企業が事業をするための拠点になり、重要なポストの従業員が多く配置されていることが特徴です。

「営業所」の例文

・『西鉄バスの営業所は近年では統合が進み、業務を集約していることが特徴だ。』

・『営業所の仕事は地域の拠点になるため、コミュニケーションをきちんとする必要がある。』

「事業所」の例文

・『この会社の事業所は東京や大阪、名古屋にあり、その下に多くの営業所がある。』

・『事業所名は企業の主要な拠点になるため、きちんと決めることが重要だ。』

まとめ

「営業所」は営業活動をするため拠点になり、「事業所」の下に位置し経営状況によって数が変わってきます。

「事業所」は企業が事業活動をするための拠点になり、メインになるポジションで「営業所」などを管理しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典