「四球」と「敬遠」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「四球」と「敬遠」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「四球」「敬遠」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「四球」とは?

「四球」の意味と概要について紹介します。

「四球」の意味

「四球」「しきゅう」と読みます。

意味は「野球で、ボールのカウントが4つになり、打者が一塁へ出塁できるルールのこと」です。

「四球」の概要

「四球」は、野球の試合で、ボールのカウントが4つになると、打者が一塁へ出塁する権利を与えられるというルールを言います。

本来は投手が打者と駆け引きをしたり、ピッチングの調子が悪い時にやむを得ず出てしまうものです。

キャッチャーは捕球する為に座ったまま投球を受けます。

しかし、中には「故意四球」という作戦もあります。

これは、特定のバッターとの勝負を避ける為に、意図的にボール球を投げるというものです。

キャッチャーは最初からボール球が来ることが分かっているので、最初から立ったまま捕球します。

下で紹介する「敬遠」と同じですが、「故意四球」は、公認野球規則に記載されている正式名称です。

「敬遠」とは?

「敬遠」の意味と概要について紹介します。

「敬遠」の意味

「敬遠」「けいえん」と読みます。

意味は「表面上は敬う態度を取りながら、なるべくかかわりを待たないようにすること」「そのものごとを嫌い、かかわりを避けること」「野球で、打者との勝負を避けて故意に四球を与えること」です。

「敬遠」の概要

「敬遠」は、本来の意味は「相手を敬いながらも、実際に関わらない様にすること」「そのものごとを嫌い、関わりを避けること」という意味です。

ここから転じて、「野球の試合で、特定の打者との勝負を避けて、故意に四球を与えること」という意味でも使われます。

ただし、「敬遠」は一般的な言い方で、公認野球規則では「故意四球」という名称になっています。

「四球」と「敬遠」の違い!

「四球」「野球で、ボールのカウントが4つになり、打者が一塁へ出塁できるルールのこと」です。

「敬遠」「野球で、特定の打者との勝負を避けて、故意に四球を与えること」です。

まとめ

今回は「四球」「敬遠」の違いをお伝えしました。

「四球はキャッチャーが座った状態」「敬遠はキャッチャーが立っている」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典