「回る」と「廻る」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「回る」と「廻る」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「回る」「廻る」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「回る」とは?

「回る」の意味と使い方について紹介します。

「回る」の意味

「回る」「まわる」と読みます。

意味は「軸を中心にして円を描くように移動する」「順に決まった場所に行く」「遠くなるほうの道を行く」「それまでと違った立場に変わる」「効力などが隅々まで行き渡る」「よく働く」「ある時刻が過ぎる」「お金のやりくりができる」「動詞の連用形に付き、あちこち~するの意」になります。

「回る」の使い方

「回る」には実に数多くの意味がありますが、基本となるのは「円を描く様にくるくる動く」という意味です。

その意味が転じて、ある関連する事柄に対して「次から次へと巡っていく」という意味で使われる様になりました。

「回」という漢字は「ものがくるくる回転するさま」を表す象形文字です。

人の動作だけではなく、ものごとや自然現象など幅広く使われ、「金は天下の回り物」などのことわざもあります。

「廻る」とは?

「廻る」の意味と使い方について紹介します。

「廻る」の意味

「廻る」「まわる」と読みます。

意味は「回る」と同じで、「軸を中心にして円を描くように移動する」「順に決まった場所に行く」などになります。

「廻る」の使い方

「廻る」は、「回る」と同じ意味として使われます。

「廻る」の部首は「えんにょう」と呼ばれ、「長く伸びた道を行く」という意味を持っています。

つまり、「回る」よりも「巡り移動する」という動作が強調されている時に使われる言葉なのです。

「廻る」は常用漢字ではない為に、新聞や教科書、公文書などでは使われません。

但し、昔からある町名や街道名などに使われていることも多くあります。

「回る」と「廻る」の違い!

「回る」「円を描く様にくるくる動く」「次から次へと巡っていく」などの意味です。

「廻る」「回る」と同じ意味ですが、常用外漢字です。

まとめ

今回は「回る」「廻る」の違いをお伝えしました。

「回る」「廻る」は同じ意味、「廻るは常用外」を使うと覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典