「困難」と「不可能」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「困難」と「不可能」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「困難」「不可能」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「困難」とは?

「困難」の意味と使い方について紹介します。

「困難」の意味

「困難」「こんなん」と読みます。

意味は「ものごとを成し遂げるのが非常に大変なこと」「苦しみ悩むこと、苦労すること」です。

「困難」の使い方

「困難」には以下の2つの意味があります。

1つ目は、「達成するのが非常に大変なこと」という意味で、「困難に立ち向かう」など、元々条件が厳しいことや、自分の能力以上のものごとに挑戦する時に使われます。

2つ目は「苦しむ悩むこと、多大に苦労すること」で、「山越えで困難する」など、実際に苦労したり困ったりする様子に使われます。

共通するのは「厳しい状態」ですが、どちらも最大限に努力すれば達成できる可能性があることに使われます。

「不可能」とは?

「不可能」の意味と使い方について紹介します。

「不可能」の意味

「不可能」「ふかのう」と読みます。

意味は「できないこと」「無理なこと」です。

「不可能」の使い方

「不可能」は、何かをやろうと思っても、手を付けられないことや、やったとしても成功する見込みが全くないことを言います。

「可能」「能?(あた)?う可?(べ)?き」という意味で、それに否定の「不」が付いた言葉で、「できない」というだけではなく「絶対に」「可能性はゼロ」という強い否定の意味になります。

世の中には奇跡に近い偶然や、絶体絶命になると思わぬ能力を発揮する人がいるなどで、「絶対」はないと言われていますが、常識的に考えてまず無理なことに対して使われる言葉です。

「困難」と「不可能」の違い!

「困難」「ものごとを成し遂げるのが非常に大変なこと」「苦しみ悩むこと、苦労すること」です。

「不可能」「できないこと」「無理なこと」です。

まとめ

今回は「困難」「不可能」の違いをお伝えしました。

「困難は大変だけどやればできるかも知れない」「不可能は絶対に無理」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典