スポンサーリンク

「国籍」と「戸籍」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「国籍」と「戸籍」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

民事にまつわる言葉は、難しいものです。

この記事では、「国籍」「戸籍」の違いを分かりやすく説明していきます。

分かりにくい用語を、正しく覚えていきましょう。

スポンサーリンク

「国籍」とは?

国籍(こくせき)とは、どの国に資格があるか示したもの。

ただそのルールは、国によって細かい違いがあります。

日本では法務局が、国籍にまつわる取りまとめをしています。

日本に住んでいる、日本人の国籍は日本です。

またアメリカに住んでいる、アメリカ人の国籍はアメリカになります。

つまり「その国の一員であること」が国籍の大きな条件です。

もし日本に住んでいる外国人が、日本の国籍を取得したいときは「地方法務局で国籍を取得する手続き」をおこなう必要があります。

最近ニュースで問題になっているのは、複数の国籍をもつ「二重国籍」です。

二重国籍に対する考え方も、世界で分かれています。

二重国籍を認めているのはオーストラリアやニュージーランド、アメリカなど。

認めていないのは、日本やサウジアラビアなどです。

国の在り方を考えたとき「国籍」はとても重要です。

「戸籍」とは?

戸籍(こせき)とは、生まれた日や結婚した日など、家族の情報をまとめた公文書のこと。

「その家族について」役所がまとめた重要資料のことです。

戸籍は「戸籍謄本」と呼ばれることがあります。

戸籍謄本には戸籍に掲載されている、家族についての情報がまとめてあります。

家族の名前、生年月日、本籍地の住所、養子縁組についてなど、家族にまつわる大切な事項が書かれています。

戸籍謄本が必要になってくるのは、家族が結婚するとき、遺言状を作成するとき、相続にまつわる手続きを実施するときです。

戸籍謄本は本籍地のある役所で手続きをおこない入手できます。

「国籍」と「戸籍」の違い

どちらも同じように見えて、分かりにくいです。

「国籍」「戸籍」の違いを、分かりやすく解説します。

・国籍を証明するのが戸籍
国籍は「どこの国に属しているか」示したもの。

その例として、アメリカ国籍、日本国籍、イギリス国籍などが挙げられます。

またこうした国籍を証明する、公的な書類が「戸籍(戸籍謄本)」です。

また戸籍は「日本国籍であることの証明書」のようなもの。

日本に国籍がないと、日本で戸籍をつくることはできません。

そのため日本国籍を取得したことを証明したい場合は、本籍地がある自治体の役所に出向いて「戸籍謄本を発行してもらう手続き」が必要になってきます。

どこの国のメンバーなのか、あらわしたものが国籍。

日本国籍を証明できる書類が、戸籍謄本になります。

国籍や戸籍謄本に記載されている事項を変更したい場合は、法務局や行政に届け出をおこないます。

まとめ

「国籍」「戸籍」の違いを分かりやすくお伝えしました。

どちらも法務にまつわる、大切なキーワードです。

国籍とはどこの国に属しているか、分かりやすく表したもの。

戸籍とは家族の情報を、公的にまとめた公文書です。

正しい意味を知って、法律に詳しくなっていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典