スポンサーリンク

「園芸」と「家庭菜園」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「園芸」と「家庭菜園」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「園芸」「家庭菜園」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「園芸」とは?

「園芸」とは、植物を植えて育てること、またその技術のことです。

植物にもさまざまな種類がありますが、「園芸」がいう植物とは、果樹、野菜、花卉など多岐にわたります。

「園芸」には、観賞目的とするものと生産目的のものがあります。

観賞が目的のものは、植物を育てることや葉や花などを見て楽しみます。

生産目的のものは、生活に必要なものを作りだし、販売して利益を出すことを目的としています。

「家庭菜園」とは?

「家庭菜園」とは、庭や小さな畑を利用して作る野菜畑のことです。

「菜園」は野菜畑のことを意味しています。

「家庭」で作る野菜畑なので、流通にのせて販売することを目的とせず、主に育てることを楽しんだり、家庭で食べたりすることを目的としています。

「園芸」と「家庭菜園」の違い

「園芸」「家庭菜園」では、栽培するものが重なる部分もあるのですが、栽培するものが異なります。

「園芸」では、果樹、野菜、花卉などを栽培します。

「家庭菜園」では、野菜を栽培します。

また、目的も違います。

「園芸」は観賞や栽培を楽しむ目的のものと、営利目的のものがあります。

「家庭菜園」は、育てることを楽しんだり、家庭で食べたりすることが主な目的で、営利目的ではありません。

まとめ

「園芸」「家庭菜園」では、栽培する植物や栽培する目的が異なります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典