スポンサーリンク

「地域住民」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「地域住民」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「地域住民」の意味を分かりやすく説明していきます。

市町村にまつわる言葉を、ひとつずつ学んでいきましょう。

スポンサーリンク

「地域住民」とは?意味

「地域住民」とは、そのエリアで暮らしている住民のこと。

ある自治体の区域内に住んでいる人たちをあらわします。

おもに地方自治体が用いている、お役所の言葉になります。

「地域住民」というフレーズには「地域」そして「住民」という2つの単語が組み合わさっています。

地域とはゾーンのこと。

その都市や町、村の地区をあらわします。

そして「住民」とは「居住者」を指しています。

つまりその自治体の区域で、衣食住などの生活をおこなっている人が「地域住民」にあたります。

そこに暮らしている人を示しているので、通学や通勤のために他のエリアから通っている人は含まれないことが多いです。

その土地で暮らしている人、地域のコミュニティをつくっている人が「地域住民」です。

「地域住民」の概要

「地域住民」とは地方公共団体や企業が用いる言葉です。

たとえば新しく風力発電の施設を、とある市に建設するとき。

電力会社や自治体はそのエリアで暮らす「地域住民」に対して、丁寧な説明をおこなっていきます。

またとある町で、振り込め詐欺の被害が多発しているとき。

該当する自治体は警察と協力して「地域住民」に、特殊詐欺による注意喚起をおこっていきます。

このように自治体や企業からみた「そのエリアで暮らす、地元の人々」を分かりやすく「地域住民」といっています。

誰もが住みやすい街にするためには、地域住民との丁寧なコミュニケーションが必要になります。

最近では「住民主体の街づくり」が広く浸透してきています。

そのためこうした地域住民の占める役割は、以前に比べて高くなっています。

「地域住民」の言葉の使い方や使われ方

「地域住民」はこのように使います。

・『地域住民と一緒に、駅前の花壇に花を植える活動をおこなった』
・『子どもたちを守るために、地域住民と警察による夜間パトロールがおこなわれた』
・『大型マンションの建設をめぐって、地域住民から反対の声があがっている』
地域住民とは、そのエリアで暮らしている地元の人々のこと。

地域の人と協力して進めるボランティア活動や、パトロール運動のときに用います。

「地域住民」の類語や言いかえ

地域住民と同じような言葉には、次の単語もあります。

・地元住民
・地域に暮らす人々
「地域住民」は地元住民や、地域に暮らす人々と置きかえできます。

そのエリアで暮らしている人を指します。

まとめ

「地域住民」の意味と使い方をおさらいしました。

「地域住民」とはそのエリアで、生活している人を指しています。

最近では地域住民を主役にした街づくりが、積極的に進められています。

新しい事業を始めるとき、地域の人たちの意見を聞くことはとても大切です。

地元の人に愛される街づくりのためにも「地域住民」は欠かせない存在になっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典