スポンサーリンク

「均一」と「均等」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「均一」と「均等」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「均一」「均等」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

この2つの言葉の違いや使い方を身につけて、ご自分のスキルアップや日常の色々な場面で役立ててみてください。

スポンサーリンク

「均一」とは?

最初は「均一」の意味をご説明致します。

「均一」の意味としては、目の前にある物事や商品等の品質や数量、金額等が全部同じである意味を持っております。

我々の身近である「100円均一」(100円ショップ)を想像していただけると理解ができると思います。

是非とも参考にしてみてください。

「均等」とは?

次は「均等」の意味を解説していきます。

「均等」の意味とは、基本的に全部が平等であり、相違や差がないという意味を持っております。

是非把握して、覚えておいてください。

「均一」と「均等」の違い

ここの項目では「均一」「均等」の違いを解説します。

「均一」「均等」の違いについては、上の意味を照らし合わせてみてください。

自ずと「均一」「均等」の違いが分かるはずです。

前者の場合は、目の前にある物事や商品等の品質や在庫、金額等が全て同じであるという意味を持っているのです。

また後者の方は、基本的に全部が平等であり、相違や差がないという意味を持っています。

是非とも参考にして、覚えておいてください。

「均一」と「均等」の使い方の違い

「均一」「均等」の使い方の違いについては、上の違いや意味を照らしわせていくと使い方の違いが見えてきます。

先ず「均一」を使う時は、「今日は100円均一へ出かけようと思う」という使い方は非常に身近に感じて分かりやすい使い方になることでしょう。

また、「均等」の場合は、「たこやきを3人に均等に分けようと思う」という使い方がイメージがしやすいはずです。

「均一」「均等」の使い方の違いを理解して、上手に活用してみてください。

「均一」を使った例文

ここでは「均一」の例文を書いていきます。

・『100円均一の商品のクオリティは年々良くなっている』
・『今日はスーパーで500円均一が行われる』
・『パイロットたちはインスタント訓練だったため、均一な技量となってしまっているようだ』
・『均一な技量の壁を打ち破るには、エースパイロットによる教育が必要不可欠である』
・『100円均一で友達と出くわした』
以上が「均一」を使った例文になります。

是非とも把握して、覚えておいてください。

「均等」を使った例文

次は「均等」を使った例文を書きます。

・『ケーキを均等に分けようと思う』
・『ビジネスチャンスは皆、均等にあるはずだ』
・『均等に配分すれば喧嘩は起きないはずです』
・『均等分け与えても、卑怯者は存在する』
・『均等というのが性分に合わないと言っていた』
以上が「均等」を使った例文になりますので、是非とも参考にしてみてください。

「まとめ」

まとめとして、「均一」というのは目の前にある物事や商品の品質や数量、金額等が全部同じであるという意味を持っています。

そして、「均等」というのは、2つ以上の物が存在し、その物に対してみんな平等であり、差が生じない時に使いますので、参考にして活用してみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典