スポンサーリンク

「堅実に取り組む」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「堅実に取り組む」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

まじめを伝える言葉は、色々とあります。

この記事では、「堅実に取り組む」の意味を分かりやすく説明していきます。

言葉の意味を知って、未来の暮らしに活かしていきましょう。

スポンサーリンク

「堅実に取り組む」とは?意味

堅実に取り組むとは、じっくりと腰を据えて挑戦すること。

ひとつひとつのプロセスを着実にこなして、ゴールを目指していくことです。

手堅く生きている様子をつたえる言葉です。

物事の進め方は、大きく2通りあります。

ひとつは思うがまま、ハングリーに進んでみること。

悩みや問題は起きてから、考えます。

そしてもうひとつは計画を立ててから丁寧に実行していく方法。

リスクの芽をつみながら進めるので、危ない問題にあたることは少なくなります。

「堅実に取り組む」というのは、後者のような安全運転をしていくやり方です。

堅実に取り組む手法を身に付けていくと、忍耐力が培われていきます。

集中力が増して、目の前の仕事にエネルギーを注げるようになれます。

堅実に取り組むとはしっかりとした考えのもとに、危なげなく仕事を進めることです。

「堅実に取り組む」の概要

堅実に取り組むは「堅実」「取り組む」が、組み合わさった言葉になります。

ちなみに堅実とは、手堅く見ていて安心できること。

リスキーな選択をせずに、着実にすすむことです。

そして「取り組む」は、熱心に向き合う様子をあらわしています。

堅実に取り組むという言葉は「着実に作業していく姿」をあらわす、安定した言葉になります。

地道に進んでいる様子が「堅実に取り組む」です。

「堅実に取り組む」の言葉の使い方や使われ方

「堅実に取り組む」の言葉の使い方を、チェックしていきましょう。

・彼の堅実に取り組む姿勢は、尊敬に値するものだ。

「最後まで諦めずに、堅実に取り組んでまいります」 ・前回の反省をいかし、堅実に取り組むことにした。

「堅実に取り組む」とは、着実に一歩ずつ進めていくこと。

足場がしっかりしているとき、計画的に物事を進めているときに用います。

真面目な人柄をあらわす言葉になります。

「堅実に取り組む」の類語や言いかえ

「堅実に取り組む」の類語をチェックしていきましょう。

・着実におこなう
・慎重を期する
・じっくり取り組む
・注意深くおこなう
・細心の注意を払う
・慎重居士
堅実に取り組むは、細やかに仕事や作業をおこなう様子のこと。

そのため「着実に」「慎重に」などの言葉をつかいます。

ちなみに四字熟語の「慎重居士」とは過不足なく準備をおこなうことです。

まとめ

「堅実に取り組む」の使い方や類語を確認してきました。

「堅実に取り組む」とは、少しずつ物事を進めていくこと。

あらかじめ計画をねった上で、トラブルが起こらないように地道に作業をおこなうことです。

堅実に取り組むの言いかえには「注意深くおこなう」「慎重を期する」などの言い回しがあります。

大胆に仕事をおこなう度胸も大切ですが、それと同時に「細やかな気配り」も色々なシーンで求められてきます。

「堅実に取り組む」仕事ぶりをおさえて、日々に活かしていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典