スポンサーリンク

「堅実的」とは?意味や使い方、例文や意味を解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「堅実的」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「堅実的」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「堅実的」とは?意味

「堅実的」は、物事の考え方がしっかりしていて、危険性がない様です。

「堅実」という言葉の中に「的」とあるのが注目すべく点で、「的」はまとを得るから来ており、考え方を示した言葉に当たり、「堅実的」とは、物事をしっかりととらえて、危険を回避しつつ行動する考え方を指します。

「堅実的」の概要

「堅実的」は、「堅実」という言葉にまとを得る「的」という言葉が合わさった言葉です。

的を得るとは、考え方そのものが的確でありかつ正確であることを指し、「堅実」という言葉と組み合わさることで、物事をしっかりとらえるが故、的確でありかつ、危険なことはしないという考えを指します。

なお、「堅実」には正反対の言葉があり「軽挙」「無謀」などがあり、これらには的を得るという言葉はあてはまりません。

何故なら、無謀な行動が的を得てしまうと、無謀な行動を正当化してしまうため、無謀な言葉については、敵という言葉はあまりあてはまりません。

「堅実的」の言葉の使い方や使われ方

「堅実的」という言葉の使い方は、考え方がしっかりしていてかつ危ないことを行わない考えを述べる際に、「堅実的」という言葉を使用して、考え方を述べます。

「堅実的」を使った例文

・『公務員になりたいと考えるのは堅実的な考えである』
この例は、公務員というお仕事につくことはとても安定志向な考え方で、冒険することなく危険性を回避した考え方であると述べています。

「堅実的」はいわばリスク回避を重きに置いた考えで、要は冒険することなく、無難に安定したものを得ようとする志向です。

この例では、公務員というお仕事が安定的なお仕事でかつリストラにあうなどという危険性というリスクがないという考えであると述べています。

・『なんという堅実的な将来設計か』
この例は、対象人物の将来設計が危なげない部分が一面もなく、かつ合理的で的を得た考えに基づき作られたとする例です。

つまりは付け入るスキがないくらい、安定志向であり、かつ無理がない将来設計であるが故、恐らく達成も容易でかつ今後においてもおそらく安定した生活を送れる将来設計をしています。

まとめ

「堅実的」は、いわば、安定志向の考えのことを指し、決して冒険することなく、自分の力量を考えて物事を組み立てることにあるため、考え方においては的を得た考えが中心です。

逆に的を得ない考えについては、「軽挙」「無謀」という言葉が当てはまりますが、これらの言葉には、まとを得る「的」という文字をつけることはなく、「軽挙的」「無謀的」という言葉は存在しません。

何故なら、的を得ない考えに対して、的をつけると意味が破綻するため、「無謀」であれば「無謀」という考えを称賛しているとなり、意味が破綻します。

その為、「堅実」という考えの逆を行く考えには、的を得る「的」という文字はつかないのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典