スポンサーリンク

「堅牢」と「堅固」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「堅牢」と「堅固」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

歴史物のシミュレーションゲームなどでは、国力の強化とともに、最も重要なことは自国の城の整備と強化です。

このような状況で頻繁に使用される言葉として「堅牢堅固」というものがあります。

これは「堅牢」「堅固」の2つの言葉を組み合わせたものですが、どんな意味なのでしょうか。

この記事では、「堅牢」「堅固」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「堅牢」とは?

「堅牢」とは、何でしょう。

「堅」は文字通り「堅い」とか「硬い」という意味で、「牢」にも、「堅い」とか「しっかりした」という意味があります。

したがって、2つ合わせて「十分に堅い」というニュアンスになります。

この言葉のポイントは、何者も入れない、何者も出られないくらいの強固さであることです。

英語では「robust」と言います。

この単語は一般的には馴染みがないものですが、「堅牢」という言葉の固さを持っている言葉としてかなり使える言葉です。

「堅固」とは?

最初に、重要なことですが、「堅固」の読みは「けんこ」ではなく、「けんご」です。

ほとんどの人が、この文字を「けんこ」と読むでしょう。

しかし、手元のスマホでひらがな入力してみると、「けんこ」では感じが表示されないので、間違っていることがすぐ分かります。

それほど、馴染みのない言葉であるとも言えます。

この言葉のポイントは、どれだけ「固い」か、すなわち、どれだけ攻撃に強いかということになります。

英語では「firm」が最も近いでしょう。

この単語も「固さ」を表現したものです。

「堅牢」と「堅固」の違い

「堅牢」「堅固」の違いを、分かりやすく解説します。

「堅牢堅固」と一緒に使われることでも分かるように、両方とも「十分に堅い」、つまり、「外からの攻撃に耐えられるだけの十分な強度を持っている」という意味では同じですが、違いは「牢」「固」の違いに現れています。

「牢」は牢屋のように、外に出たり、外から入って来たりできないような堅さであり、「固」は、それが「固い」あるいは「強固」であることを主張しています。

そういった違いがあることが前提で「堅牢堅固」と重ねることでのより強いものであることを示しているのです。

「堅牢」の例文

「堅牢」の例文は以下のようになります。

・『最近のスマートホンは、水没しても壊れないくらい堅牢です』
・『堅牢な城を構えた国は栄えると言われています』

「堅固」の例文

「堅固」の例文は以下のようになります。

・『彼女の決心は堅固でした』
・『用心堅固とは、十分に注意深いことです』

まとめ

この記事では、「堅牢」「堅固」の違いを、解説してきました。

この2つは「堅牢堅固」という熟語で使用されるように、ほとんど同じシチュエーションで使われる言葉です。

ここで主張されているのは、外からの圧力や攻撃に対していかに強いかということです。

これは、毎日の生活で、外部からの力に耐えて生きて行くこと想起させます。

人間はそれ自体は弱い生き物なので、どれだけ自分を守れる材料を持っているかが重要になるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典