スポンサーリンク

「境界線を越える」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「境界線を越える」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「境界線を越える」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「境界線を越える」とは?意味

土地の境目の線を通りこす、物事の境目にとらわれず先に進む、その外にでるという意味です。

「境界線」とは、土地の境目の線や物事の境目のことです。

「越える」には数多くの意味がありますが、この場合は通りこす、ある考えにとらわれずに先に進む、範囲の外にでるという意味になります。

「境界線を越える」の概要

土地には、ここからここまでが自分のもの、向こう側は別の人のものといったふうに、境目となる線があります。

一戸建ての場合、自分が所有する土地がどこからどこまでと範囲が決められています。

それは、線ではっきり示すことができます。

自分の土地と隣家の土地が接している場合があります。

もし、自分の土地から出て、隣家の土地に入ったら、これは「境界線を越え」たということになります。

これがトラブルになることがあります。

隣家には柿の木があり、秋になると柿がたくさん実ります。

木の枝は自分の土地の方にまで伸びています。

自分の土地の上空に木の枝があるのです。

それだけならまだ許せますが、秋になると柿の実が庭に落ちて汚れます。

汚して欲しくないので、隣家に枝を切るように言いますが、対応してくれません。

このように「境界線を越える」ことでトラブルになることがあるのです。

物事の境目を超えるという意味では「人間の仕事と機械の仕事の境界線を越える」といった使い方をします。

現代は、人間の仕事はこれ、機械の仕事はこれと明確にわけられて仕事が行われることが少なくありません。

たとえば、カウンセリングのような人の心を扱うものは人間の仕事、データ入力のようなデジタルなことは機械の仕事といったものです。

しかし、明確にわけるのではなく、両者の境目を超えることもできます。

人間がこれまでやっていたことを機械が行うことが可能となってきたのです。

人間の仕事かこれ、機械の仕事はこれという考えにとらわれず、そういった範囲の外にでており、これを「境界線を越える」と表現できます。

下着と衣服は明確にわけられています。

見た目も役割も異なります。

しかし、この境にとらわれない製品が、あるメーカーから販売されました。

これもこの言葉で表現することができます。

「境界線を越える」の言葉の使い方や使われ方

あるものとあるものが接するところや、ある範囲を超えることについて使用をします。

土地の境を越える、現実と空想の境を越えるなど、さまざまなことについていうことができます。

「境界線を越える」の類語や言いかえ

「境目を越える」が似たような意味の言葉です。

境目とは、さかいとなるところのことで、さかいとはあるものとあるものが接するところ、ある範囲のことです。

まとめ

土地はここからここが自分のもの、その外は別の人のものとはっきり示すことができます。

物事にも、これとこれは別とはっきり示すことができるものがあります。

そのような境となるところを越えることを、この言葉は意味しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典