スポンサーリンク

「売上低迷」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「売上低迷」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、商業において全く理想的ではない状況の「売上低迷」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「売上低迷」とは?意味

低迷という言葉は悪い状態を抜け出せずに迷うことを指し、売上が悪いまま推移していることを指す言葉となっています。

対義語は売上好調など売上の良さを伝える言葉になります。

「売上低迷」の概要

売上低迷という言葉は任意の一定の期間をおいた状況で使われるケースが多く、前年の売上などの比較対象や販売開始時の目標と比較して低迷しているかを判断します。

そのため、日本で最も売れている車が月15000台程度となっていますが月200台売れている車というだけでは比較して売れていないということまでは出来ても売上低迷しているかの判定はできず、目標が月100台であれば月200台はヒットしていると言え、目標が月1000台であれば売上低迷していると言えるでしょう。

売上低迷は商品の継続が危ぶまれる自体ということが大きく、売上低迷が続くと商品の改良によって売上の改善を目指すか、商品自体を廃止してしまうかという選択をメーカーは迫られます。

これがスーパーなどの店舗であれば取り扱いを続けるかやめるかの判断になり、トータルでは非常に売れているものであっても、そのスーパーだけで売上低迷となっていた場合は取り扱いをやめてしまうこともありえます。

自動車ディーラーであれば廃止にならない限りは売上低迷しているものであっても購入自体はその車のメーカーのディーラーで可能です。

なお、自動車は売上低迷となった時点でCMが流れる率が非常に低下し、売上低迷したものに費用が割けないという事情が見えます。

なお、メーカー自らプレスリリースなどで売上低迷ということを発表することはまずありません。

売れてないのに評価は高いという、売上低迷と好評は同時に発生出来ることも理由のひとつと言えるでしょう。

「売上低迷」の言葉の使い方や使われ方

「日本では売上低迷しているがアメリカでは大ヒットしている」「予定よりも売上低迷しており、在庫が増えてしまった」「売上低迷のためチケットがいつでも買える状態になっている」「売上低迷のため値下げに踏み込んだ」などの使い方があり、いずれも販売側にとってはネガティブな状況があると言えます。

なお、チケットが売上低迷というケースは今後その興行が行われるのかという問題が大きいと言えるでしょう。

「売上低迷」の類語や言いかえ

売上低下、売上悪化、売上が悪い、売上が目標を下回る、売上が目標に届かない、販売低迷、売れていない、販売不振、売上不振、販売不調などの言葉が言い換えとして使うことが出来ます。

まとめ

売上低迷という言葉は理想的ではないもので、避けるべく努力が続けられられるか、あるいはその商品が途絶えるかという厳しい立場にあるものと言え、いつ売上低迷するかまでは予測が難しい部分もあり、長寿の商品の凄さがよくわかります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典