「売地」とは?!解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「売地」とは?

「売地」という言葉は現在売りに出されている土地のことを表します。

元々その土地の所有者がいますが、何かの理由で不要・所有しないこととなり、売却されるに至った土地となります。

土地の値段についても面積・地域・都道府県・場所に応じて様々ですが周辺情報や土地の登記簿など情報を得て購入することも可能です。

そのため土地の特性・特徴を知った上で購入することが重要です。

「売地」の読み方

「売地」という言葉の読み方として「うりち」とされています。

「売」は訓読み・「地」は音読みとされており、全て音読みの「ばいち」と勘違いされることが多いです。

「売地」 の概要

「売地」とは売却に出された土地のことですが、購入後の使い方は非常に様々です。

購入することで所有権は購入者に移り、税金も発生します。

しかしその土地に家を建てる・田畑を耕す・貸地にする等用途は様々です。

また「売地」についても開発された土地の残り区画・個人の所有していた土地等様々であり、必ず更地ではなく建築物が残っている場合もあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典