スポンサーリンク

「変革」と「変化」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「変革」と「変化」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「変革」「変化」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「変革」とは?

「変革」は、革命という意味でもあり、社会制度などが180度正反対のものに生まれ変わることなどに使用します。

例えば、民主主義から、共産主義という180度異なる社会制度へと移り変わるものを「変革」と呼びます。

なお、「革命」と異なる点は、「革命」は望むものが行動したうえで得られる結果であるに対して、「変革」は望むものがなくとも社会に飲み込まれるという形で自動で成立することがある点です。

また、「変革」は政治体系が変化するうえで自身の生活に変化がない場合、変わったことに気が付かないこともあります。

この場合、「変革」という言葉は成立してはいますが、周囲の方が実感をしてない場合、「変革」をしたことを口にすることはないです。

「変革」の使い方

「変革」という言葉の使い方ですが、社会制度などが変化した場合使用することが多いです。

ただ、「革命」という言葉を使用することも多いのですが、あくまで社会制度のみが変化した場合、こちらの言葉を使用します。

「革命」の場合、一度あるものを打ち壊す必要性があり、例えば暴力による政治体系の路線変更を強制させるなど何か原動力があって周囲が行動するため、「変革」のように政治家などの方が極秘裏で政治体系を変更するようなものと比較するとよりオープンで民衆が参加することに意義があるのが「革命」です。

「変化」とは?

「変化」は形があるものが全く形の異なるものへと変わる様やすべての事情が変わってしまうことです。

大雑把に言えば、日常で常に起きている小さな移り変わりも「変化」となり、「変化」は変わったと感じるものが感じ取れば成立します。

「変化」の使い方

「変化」は、何かが変わったと感じ取ることができた場合、変わったことを知らしめるために「変化」という言葉を使用します。

変わったと感じる点は何でもよく、両親が変わった、政治基盤が変わったなどなんでもよいのです。

「変革」と「変化」の違い

「変革」「変化」の違いは、社会基盤が変わったと感じるか、それ以外も変わってしまったと感じるかという違いです。

「変化」という言葉はとても柔軟性があり、何かが変わったと感じ取れば、「変化」は成立します。

ですが、「変革」となると社会基盤の構造のみを焦点にあてていますので、両親が変わったことは「変革」とならず、ましてや自分だけが感じ取れる身近な変化を「変革」とすることはできないのです。

一方、「変化」はなんにでも使用することが可能で、両親が別の人物に変わったことは変化になりますし、サナギから蝶に変わったことも「変化」です。

「変化」は見ている者が変わったと実感できる点にあり、「変革」は見ても変わったことに気が付かないことが多いです。

まとめ

「変革」「変化」の違いは、見てわかる何かが変わったと感じる問題であるか、目てみても違いについてわからない変更にあります。

例えば、「変革」は社会基盤が変わることですが、これは身近な生活が大きく変わってしまった場合、「変革」による影響が強く出ているため、「変革」されたと感じますが、生活が全く変わらなかった場合、「変革」を感じないです。

しかし、変化は、すでにあるものが変わることなので、サナギが蝶になる、包丁がだんだんと切れにくくなるなど身近な物が変わる様なので違いを認識しやすいのです。

この違いの認識のしやすさが、「変化」という言葉の使いやすい点で、要は「変化」はそう感じるものが変わったと思えば成立しますが、「変革」は変わったことを感じ取りにくいと言えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典