「多彩」と「多才」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「多彩」と「多才」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「多彩」「多才」の違いを分かりやすく説明していきます。

「多彩」とは?

「多彩」の意味と使い方について紹介します。

「多彩」の意味

「多彩」「たさい」と読みます。

意味は「色の種類のたくさんあって美しいこと」「種類がたくさんあり変化に富んでいること」です

「多彩」の使い方

「多彩」は、元の意味は「色の種類がたくさんあり、美しく華やかなこと」という意味で、「多彩なバリエーション」など、色数が多い時に使われます。

「多」「おおい」とも読み、「数がいくつもある」という意味、「彩」「いろどり」とも読み、「美しく色味を付けること」という意味、「多彩」「美しい色味がたくさんあること」という意味です。

ここから転じて、「種類が多くて変化に富んでいること」という意味で使われる様になりました。

「多彩な顔ぶれ」は、様々な分野の人達が集まった時に使われます。

「多才」とは?

「多才」の意味と使い方について紹介します。

「多才」の意味

「多才」「たさい」と読みます。

意味は「色々な才能をもっていること」です。

「多才」の使い方

「多才」は、様々な才能を持っていることを言います。

人の能力や才能などを表す言葉で、「多才な人」は、あらゆることに対して優れている人のことを表します。

「多芸多才」は、様々なものごとに才能を発揮する人のことを言います。

「博識多才」は、さまざまなものごとに対して知識がある人のことを言います。

「多才」はほめ言葉ですので、人に対して使うと喜ばれます。

「多彩」と「多才」の違い!

「多彩」「色の種類がたくさんあり、美しく華やかなこと」「種類が多くて変化に富んでいること」です。

「多才」「色々な才能をもっていること」です。

まとめ

今回は「多彩」「多才」の違いをお伝えしました。

「多彩は種類が多いこと」「多才は様々な才能があること」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典