スポンサーリンク

「多機能電話」と「一般電話」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「多機能電話」と「一般電話」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

最近はスマートフォンの普及で、電話の種類もかなり増えてきました。

現在はさまざまな電話の呼び方があります。

「多機能電話」「一般電話」という言葉は、以前から使われてきました。

しかし、具体的にこの2つの違いは意外と知らないかもしれません。

そこで、この記事では、「多機能電話」「一般電話」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「多機能電話」とは?

「多機能電話」とは、「ビジネスフォン」「PBX(電話交換機)」のことです。

これらはさまざまな機能が利用できるので大変便利です。

「多機能電話」は事業所等で使われていて、ビジネス回線で繋がっています。

ボタンの数が多く、社内では数多くの電話と内戦で繋ぐことができます。

また、停電対応電話機があり、災害などで停電になった時も使用できる電話機があります。

いざという時のためにも、日頃から停電対応電話機をチェックしておくと良いでしょう。

「一般電話」とは?

「一般電話」とは、別名、「固定電話」とも言われます。

いわゆる家庭にある有線の電話機のことで、「家電」とも呼ばれています。

最近は無線電話のスマートフォンなどの携帯電話が主流になってきましたが、まだまだ「一般電話」も使用されています。

「固定電話」の中にはアナログ回線の従来の電話の他にも、インターネットを使ったIP電話があります。

また、IP電話は050から始まる電話番号なので、それで従来の電話と区別がつきます。

従来からあるアナログ回線の「固定電話」の方が、通信が安定しています。

「多機能電話」と「一般電話」の違い

「多機能電話」「一般電話」の違いを、分かりやすく解説します。

「多機能電話」「一般電話」はどちらも「固定電話」に含まれます。

しかし、「多機能電話」は事業所向けのデジタル回線の電話です。

一方、「一般電話」は家庭用電話でアナログ回線で、この二つは構造が全く違っています。

それぞれ使用の目的が違うので、それに合わせた電話の機能になっています。

特に「一般電話」では、電話による詐欺事件が後を絶ちませんが、これに対応した電話機能も付いてきています。

まとめ

昔からある黒電話などは電気を使わないので、災害時でも電機を使わずに通話をすることができました。

最近は「一般電話」もさまざまな機能が付いていていることもあり、電気がないと繋がらないものもあります。

無線電話の携帯電話も充電が必要です。

災害が多い日本では、非常時に備えて、電気が無くても会話ができる電話機が必要でしょう。

電話もどんどん進化して、便利になってきています。

しかし、電気がないと全く使えないというのでは、いざという時に役に立たなくなってしまいます。

「多機能電話」「一般電話」も、更なる機能の充実とともに、災害時に強い電話になっていってほしいものです。

電話機の普及は今後、ますます進んでいくと思われます。

「多機能電話」「一般電話」も、さらに使いやすくて便利な電話になっていくことを期待します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典