「夢」と「理想」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「夢」と「理想」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「夢」「理想」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「夢」とは?

「夢」の意味と使い方について紹介します。

「夢」の意味

「夢」「ゆめ」と読みます。

意味は「睡眠中に、まるで現実であるかの様に感じる脳のイメージのこと、身体のあらゆる感覚を伴うことも多い」「将来実現させたいと思う自分の願い」「現実からはなれた空想や楽しい考え」「心の迷い」「はかなく頼りにならないこと」です。

「夢」の使い方

「夢」には以下の5つの意味があります。

1つ目は、元の意味で「睡眠中に見る、まるで現実の様な様々な体験や現象のこと」です。

2つ目は転じて「将来実現させたいと思う自分の希望や願望」という意味で「ノーベル賞を取るのが夢だ」などと使います。

3つ目は更に転じて「現実味のない、空想や楽しい考え」で、「夢みる乙女」などと使います。

4つ目は「心の迷い」という意味で「悪い夢から覚める」「目が覚める」「改心する」という意味で使います。

5つ目は「はかなく頼りにならないこと」という意味で、「夢の恋愛」などと使います。

基本的に「夢」は現実的・非現実的に関係なく、漠然としていて、その人が好きな様に思い描くことに使われます。

「理想」とは?

「理想」の意味と使い方について紹介します。

「理想」の意味

「理想」「りそう」と読みます。

意味は「人が心に思い描き続ける、最も良い状態のこと」「実現させたいと願う状態のこと」です。

「理想」の使い方

「理想」は、人が心に思い描き、そうあって欲しいと思う、最も良い状態のことを言います。

「理」「ことわり」とも読み、「ものごとの筋道」という意味があります。

つまり、「理想」は自分がこうありたいと思う最高の状態のことですが、筋道が立っていること、ある程度現実味があることを表すのです。

あくまで「頭の中で思い描くこと」であり、具体的に何をするかまでは決まっていません。

「夢」と「理想」の違い!

「夢」「現実的・非現実的に関係なく、漠然として心が躍る様な願いや希望」です。

「理想」「人が心に思い描き、そうあって欲しいと思う、最も良い状態のこと」です。

まとめ

今回は「夢」「理想」の違いをお伝えしました。

「夢は好きに思い描く」「理想は現実味がある」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典