スポンサーリンク

「大きな節目」とは?意味や使い方、例文や意味を解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「大きな節目」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「大きな節目」の意味を分かりやすく説明していきます。

それでは「大きな節目」の意味から取り上げます。

スポンサーリンク

「大きな節目」とは?意味

最初に「大きな節目」の意味をご説明致します。

「大きな節目」というのは、基本的に大きく変わるときや、対象となる物事が一旦落ち着いたときなどを指しております。

「大きな節目」の概要

次は「大きな節目」の概要について解説していきます。

「大きな節目」の概要としては、先ず「節目」というのは、「この辺で少し休もう」というときに使われます。

そこから派生していき、「大きな節目」となりました。

意味としては物事の大きく変わるときや、一度落ち着くときなどを指す言葉となったのです。

「大きな節目」の言葉の使い方や使われ方

この項目においては、「大きな節目」の言葉の使い方や使われ方を取り上げます。

「大きな節目」を使う際は、物事が大きく動く際や、これが一段落だろうと判断できるときに使うことが一般的です。

それでは「大きな節目」の使い方や使われ方を、例文を用いて書いていきます。

・『彼にとってこのアルバムの大ヒットが、大きな節目となったことは間違いないでしょう。それから彼は益々、音楽活動に精を出すようになりました』
・『今年の利益を僅か1カ月で確保できことが、大きな節目となることは間違いないです。今後のビジネスの展開が楽しみです』
・『大学卒業が僕にとっては大きな節目となりました。大学の友人たちと、卒業旅行を計画している最中です。楽しい卒業旅行にしたいと思います』
・『武道館の成功が彼らバンドの大きな節目になりました。今回の武道館公演は大成功を収めたので、今後の活躍がより一層楽しみなバンドです』
・『大きな節目という言葉について、先生が詳しく教えてくれたので、きちんと理解できました。分かりやすく教えてくれた先生に感謝です』

「大きな節目」の類語や言いかえ

最後の項目では、「大きな節目」類語や言いかえを解説します。

「大きな節目」の類語や言いかえとして挙げられるのは、「大きなターニングポイント」や、「大きく動くだろう」「大きく変わる」「大きく変わるとき」「大きく変わること」などがあります。

因みに「大きな節目」を英語にすると、「Big milestone」となります。

英語を使った例文としては、「The 30th anniversary party of singer life seems to have been a big milestone. 」(歌手生活30年の記念パーティーは、大きな節目となったようだ)となります。

文法的に、「big milestone」を使っております。

以上が「大きな節目」の類語や言いかえとなります。

そのシーンに合った、言葉をチョイスしていきましょう。

まとめ

まとめとしては、「大きな節目」とは、対象となる物事や人が、大きな変わって動くときを指します。

または、一旦落ち着いたときなどに使われる言葉となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典