スポンサーリンク

「大円団」と「大団円」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「大円団」と「大団円」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「大円団」「大団円」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「大円団」とは?

「大円団」とは、「大団円」の間違いで使われることが多い言葉です。

間違って使っている人は「大団円」と勘違いして覚えてしまっていると考えられますが、国語辞典にもない言葉ですので使わないようにしましょう。

「大団円」とは?

「大団円」とは、最後の場面という意味があります。

小説、芝居など「解決」を迎える最後の部分となります。

つまりハッピーエンドという内容に対して使う言い方です。

悲劇的な結末には使わないという風に覚えておきますとわかりやすいでしょう。

「悲しくなりたくないから、大団円で終わる映画を観ることにしている」「この物語は主人公たちが、色々な困難を乗り越えて大団円を迎える」などと、使います。

「大円団」と「大団円」の違い!

「大円団」「大団円」の違いを、分かりやすく解説します。

「大団円」とは演劇や小説などの最後の場面という意味で、解決する、めでたく収まるといった結末に対して使う言葉です。

わかりやすい言葉で言い換えるならば「ハッピーエンド」でもいいでしょう。

「大円団」は、「大団円」を間違えて使っている言葉となります。

意味合いとして何が言いたいのか察することはできますが、国語辞典にも載っていない言葉ですので使わないようにしてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「大円団」「大団円」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

「大円団」は誤字ですので使わないように気をつけてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典