スポンサーリンク

「大型商業施設」とは意味や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「大型商業施設」とは新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「大型商業施設」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「大型商業施設」の意味

一つの建物として経営され、駐車場のある店舗やサービス施設の集合体。

「大型商業施設」の解説

「大型商業施設」「おおがたしょうぎょうしせつ」と読みます。

意味は、「一つの建物として計画、開発、管理、運営され、駐車場のある店舗やサービス施設の集合体のこと」です。

郊外の広大な敷地に建設され、都市機能のひとつとして、消費者のニーズにこたえるべくあらゆる店舗が揃い、利便性や快適性、娯楽性を提供する場所です。

各店舗の他に、レストラン、フードコート、キッズスペース、ゲームセンターなどがあり、クリニックや映画館が併設されているところもあります。

海外では「ショッピングモール」とも呼ばれ、そこへ行けば何でも揃う場所です。

「大型商業施設」の使われ方

「大型商業施設」は、利用する側として使うことが多くなります。

「週末は家族そろって大型商業施設で過ごす」「大型商業施設でデートする」などと言います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典