スポンサーリンク

「大学入試」と「大学受験」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「大学入試」と「大学受験」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

受験が気になるようになったら、まずは入試の基礎を学んでおきたいもの。

この記事では、「大学入試」「大学受験」の違いを分かりやすく説明していきます。

合格への足がためにしていきましょう。

スポンサーリンク

「大学入試」とは?

大学入試とは、行きたい大学の入試テストのこと。

または入試の仕組みのことです。

最近は制度そのものが大きく変わってきているので、早めに情報を集めておくのがカギとなります。

大学入試は大きく分けて2つのスタイルがあります。

ひとつは一般入試。

もうひとつは特別選抜の入試です。

一般入試は大学入試共通テストや各大学のテストを受けて、国数英理社の点数で合否が決まる入試のこと。

特別選抜は推薦入試やAO入試のことで、おもに書類選考と面談そして小論文で合否が決まります。

一般的な大学入試では希望する学校をふくめて、複数の学校を受験します。

自分のレベルに合ったところ、安全圏のところ、手を伸ばせば届くかもしれないチャレンジ校。

また将来何をしたいのかによっても、目指すべき学校や学科は変わってきます。

ゆとりのあるスケジュールを組みながら、志望校選びをしていきましょう。

「大学受験」とは?

大学受験とは、大学の入試テストを受けること。

合格をねらって、その学校を受験することです。

大学に入るための方式をまとめて、大学受験と呼ぶこともあります。

大学受験といえば、2019年度から2020年度に大きく変わったのが共通テストです。

それまでのセンター試験と呼ばれていた全国一斉型のテストが、大学共通テストにチェンジ。

中身も大きく変わっています。

たとえば数学や国語はすべてマークシート式だったものの、現在は一部が記述式に。

英語のリスニングは60分が、30分に短縮されました。

大学受験はこれからの道を大きく左右する、大切な試験です。

以前にくらべて受験の内容も大きく異なっているので、まずは最新の情報を入手して「自分にあったもの」を選び取っていくことが大切な作業になっていきます。

受験勉強と並行しながらおこなうのは大変ですが、ポジティブに捉えて栄冠をつかみ取っていきましょう。

「大学入試」と「大学受験」の違い

どちらも合格にまつわる、重要な制度です。

「大学入試」「大学受験」の違いを、分かりやすく解説します。

・どちらも同じ意味

大学入試は大学の入試テストのこと。

大学入試は入試テストに、チャレンジすることです。

つまり大学入試は、テストそのもの。

大学受験は、テストを受けることです。

細かく分けるとそのような違いがありますが、実際には混合されて使われています。

同じような用語として、認識しておいても差し支えないでしょう。

まとめ

「大学入試」「大学受験」の違いを分かりやすくお伝えしました。

大学入試は、希望する大学の試験のこと。

大学受験は、大学の試験を受けることです。

部活がひと段落つくと、いよいよ受験も本格化していきます。

ライバルに乗り遅れないためにも、今のうちにコツコツと準備をしておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典