スポンサーリンク

「大海原」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「大海原」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「大海原」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「大海原」とは?意味

「大海原」は、あたり一面が海で覆われていることを指します。

その為、「大海原」は、絶対に海面下が塩水である必要性があり、海でない場合、「大河原」のように流れ込んでいる水が周囲に広がっていると呼びます。

よって、「大海原」は、周囲が絶対に海で覆われている状況です。

「大海原」の概要

「大海原」は、元々、海という言葉が神様が様々な生物を生んだことから産みという文字から変化したのが、海であると言われており、周囲が海で覆われていることを大きいという文字から、「大海原」としたと言われています。

一方、「大河原」は単純にそのエリアに大きい皮があったという事実からつけられたものだと言われており、「大海原」のように事が生まれた語源のような物はないと言われています。

「大海原」の言葉の使い方や使われ方

「大海原」という言葉の使い方は、周囲が海で覆われている場合にのみ使用します。

その為、周囲の水が海水でない場合、「大海原」とは言わず、河の水であることから、「大河原」と呼んで区別をするのが良いでしょう。

「大海原」を使った例文

・『大航海時代は、大海原への漕ぎ出す時代』
この例は、大航海時代という船を利用して航海をする時代はあたり一面海水の海に漕ぎ出す時代だと述べた例です。

逆に、産業革命時代は、海に漕ぎ出さず、どちらかというと自分たちの住む領土の発明品によって産業が移り変わり、大量消費時代へと移行したが故、外に飛び出すという風潮は薄れました。

・『あたり一面大海原で逃げようがない牢屋だ』
この人物は船に捕らわれており、辺り一面が海なので逃げる場所が無いと述べています。

「大海原」は、辺り一面が海であるため、逃げる物はそれなりにボートのような物と食料を必要とするため、この例はあたり一面が海であることを利用して牢屋を作ったが故逃げることがリスクであると述べているのです。

まとめ

「大海原」は、要はあたり一面が海であるという意味で、絶対に真水であることではないです。

よって、「大海原」に当てはまる時代においては、大航海時代がまさに辺り一面が海で大陸と文化を求めて多くの探検家が旅立った時代になります。

ただ、大航海時代が終わりを迎えると産業革命が起こり、今度は、自分たちの生活をよくするために外に出ていくのではなく、むしろ自分たちの国の発明を活性化させるという動きになったので「大海原」に漕ぎ出したのは産業革命の時代においては貿易という目的だけで活動をしていました。

今現在においては、「大海原」に漕ぎ出すのは、貿易の他海賊行為を行う等犯罪を犯す場合も海で犯罪を犯すのであれば、「大海原」に漕ぎ出すと呼びますが、海での犯罪行為は陸よりも厳しく取り立てられますので、国籍を偽ろうと海賊行為は犯罪で容赦なく、様々な国から海賊という形で処理をされますので「大海原」に漕ぎ出して犯罪を犯すのはとてもリスクがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典