「大統領」と「首相」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「大統領」と「首相」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「大統領」「首相」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「大統領」とは?

「大統領」の意味と概要について紹介します。

「大統領」の意味

「大統領」「だいとうりょう」と読みます。

意味は「共和制国家における元首のことで、行政権の最高首長としての地位」のことです。

「大統領」の概要

「大統領」は、国王や皇帝などの世襲制ではなく、国民の中から元首が選ばれるという「共和制国家」における、元首のことを言います。

その国の有権者が直接選挙をして選ぶ仕組みであり、国の代表者として非常に強い権力を持ちます。

アメリカでは「大統領」が絶対的な権限を持っていて「核ボタン」も持ち歩いていますが、ドイツなど象徴的な地位の「大統領」もいます。

強い権力を持つので、「大統領」が決定して行使するものごとも多く、行政のスピードが速いというメリットがあります。

「首相」とは?

「首相」の意味と概要について紹介します。

「首相」の意味

「首相」「しゅしょう」と読みます。

意味は「行政の最高責任者」のことです。

「首相」の概要

「首相」は、国民が直接選ぶのではなく、まず国民の代表である議員を選び、議員の中から候補者を選出、議会で承認するシステムで選ばれます。

つまり、その国の行政のトップであり、国家元首は国王など別にいることが多くなります。

国王は象徴的な地位で政治の実権はなく、議会が行政運営をしています。

「首相」はあくまで「行政の責任者」で、その背景には議会があるので、独裁的になりにくいというメリットがあります。

この様なスタイルの国は日本の他に、イギリスやオランダ、スウェーデンなどがあります。

なお、国によっては「大統領」「首相」が両方いる国もあります。

「大統領」と「首相」の違い!

「大統領」「共和制国家における元首のこと」です。

「首相」「行政の最高責任者」です。

まとめ

今回は「大統領」「首相」の違いをお伝えしました。

「大統領は国民に選ばれる」「首相は議会に選ばれる」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典