スポンサーリンク

「大食い」と「食いしん坊」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「大食い」と「食いしん坊」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

音の響きは似ているけれど、意味が違う言葉はたくさんあります。

この記事では、「大食い」「食いしん坊」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「大食い」とは?

量をたくさん食べられる人のことを言います。

何を食べるかということよりも、どれだけ食べてもよいのかということを重要視しています。

「食いしん坊」とは?

様々な欲の中で食欲が突出している人は、「食いしん坊」です。

誰かが食べていれば羨ましく思い、たとえ食後であったとしても食べたくなり、「ひと口ちょうだい」とねだるのはいつものことです。

「大食い」と「食いしん坊」の違い

質より量なのが「大食い」であり、量より質なのが「食いしん坊」です。

また、「食いしん坊」は舌が肥えていて、「大食い」はこだわりなく何でもよく食べます。

しかしながら、「食いしん坊」の中には「大食い」の人もいます。

つまり、「食いしん坊」は食に強い関心を持つ属性を表す言葉であり、「大食い」はさらに詳しい特徴を表す言葉と区別することができます。

まとめ

自制することが難しく、ひたすら食べ続けてしまう「大食い」はメンタルが弱っている可能性が否めません。

それに比べると、「食いしん坊」は明るく食を楽しむ気持ちの余裕が感じられます。

どちらが良いかということはなく、「大食い」「食いしん坊」は似ているけれど明らかに違います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典