スポンサーリンク

「天才」と「超人」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「天才」と「超人」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

世の中には「天才」「超人」と呼ばれる人が存在します。

一般人の「凡人」では比べものにならないくらい、ずば抜けた能力の人達で、その生き方や考え方は理解しがたいものがあるかもしれません。

そんな「天才」「超人」たちですが、意外とその言葉の具体的な違いは知らないかもしれません。

この記事では、「天才」「超人」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「天才」とは?

「天才」とは、人間の範囲内で優れた能力のある人の事を意味しています。

例としては、「天才肌」「○○の天才」などと使われます。

あることに特化して、ずば抜けた才能のある人のことを指します。

英語では、“genius”(ジーニアス)と訳されています。

洋楽を聴いたり、その歌詞を読んでみると、“genius”(ジーニアス)という言葉が登場することがあり、使われているようです。

「超人」とは?

「超人」とは、読んで字のごとく、人間の範囲を超えた超越的なすごい能力を持つ人の事を指します。

例としては、「超人的な才能」「超人的な活躍ぶり」などと使います。

英語では“Superman”(スーパーマン)と訳されます。

もしかしたら、「超人」よりも、“Superman”(スーパーマン)の方がなじみ深い言葉かもしれません。

「天才」と「超人」の違い

「天才」「超人」の違いを、分かりやすく解説します。

「天才」「超人」も、どちらも「凡人」では考えられないすごい能力の持ち主といったイメージがあります。

しかし、「天才」「超人」の両者を比較してみると、「超人」の方が、その能力ははるかに上回っている印象を受けます。

そのため、「天才」「超人」に比べると、その数は多くなるでしょう。

しかし、「超人」級となると、その分野では、ほんの一握りの人数しか存在しないような人物で、まさにスーパー級の人物といった感じです。

まとめ

発明家として有名な、アメリカ人のエジソンの名言で、「天才とは、1%のひらめきと99%の努力である」という言葉があります。

「天才」と呼ばれたエジソンも、99%という多くの努力の積み重ねで、成功を成し遂げた人物だったようです。

しかし、1%のひらめきがあったからこそ、99%の努力が実を結んだのだと思います。

もしかしたら、誰もが「天才」とまではいかなくても、それに繋がるような何かを持っているかもしれません。

それを引き出せるのは自分自身ですし、エジソンのようにひらめくものがあれば、努力も成功に繋がっていくことでしょう。

「天才」も、「超人」「凡人」にとっては、全く縁のない世界のようにも思えます。

ですが、「天才」「超人」と言った人たちが、見えないところで多くの努力を積み重ねてきていると言うのもまた事実です。

自分だけの才能を見つけ、それを続けていくか、途中で諦めるかは自分次第です。

「天才」「超人」の生き方から、自分の人生をよりよくしていくヒントを見つけることができるかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典