スポンサーリンク

「夫婦」と「夫妻」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「夫婦」と「夫妻」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「夫婦」「夫妻」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「夫婦」とは?

「夫婦」とは、ふうふという読み方をする言葉です。

漢字で表記されたこの言葉を見れば分かりますが、男性の配偶者や成人した男性といった意味を持つ夫の字に、夫のある女性や人妻、成人した女性を意味する婦の字を付け加える事で生まれた言葉となっています。

だからこそ「夫婦」とは、結婚している一組の男女や夫と妻を意味しているのです。

「夫婦」の使い方

「夫婦」は、婚姻関係にある一組の男女を表す際に使われる言葉となっています。

なので必然的に夫と妻という二人の人間を一つの言葉で表したい時に、使用する事になるのです。

しかも結婚している男女を表す言葉として、使用頻度もかなり高い言葉となっています。

お陰で夫婦喧嘩や仮面夫婦、夫婦別姓におしどり夫婦といった具合に、夫婦という言葉を用いた表現はかなり多く存在しており、見聞きする事も少なくありません。

「夫妻」とは?

「夫妻」とは、ふさいという読み方をすべき言葉となっています。

文字で表現されたこの言葉を目にすれば理解出来る様に、結婚した男女のうちの男性とかおっとといった意味がある夫に、配偶者である女性といった意味を有する妻の字を足す事で成立した言葉です。

そのため夫妻は、夫と妻を表しています。

「夫妻」の使い方

「夫妻」は、夫とその夫の配偶者である妻という結婚している一組の男女を表す際に用いる言葉です。

ただしやや改まった丁寧な表現であるため、自分自身や親しい友人、家族といった身近な人々に対しては基本的に用いない言葉となっています。

具体的にはこの夫妻は、上司等の目上の人々に対して最初に名前を入れて、〇〇夫妻という形で使用される事が多い言葉となっているのです。

「夫婦」と「夫妻」の違い

「夫婦」「夫妻」の文字を見比べれば、直ぐに二文字目が婦と妻という明確な違いがある事に気付きます。

ただしどちらも婚姻関係にある夫と妻という一組の男女を表す言葉であるため、持つ意味合いも似通っていて使い分けの際にややこしい部分はあるのです。

とはいえ「夫婦」よりも「夫妻」の方が丁寧な言い回しの表現であるため、使い方に違いがあります。

実際に「夫婦」の方は自分達にも、他人にもどちらにも使用出来る言葉です。

所が「夫妻」の方は、同じ結婚している一組の男女を表す場合でも、目上の人やお客といった敬意を表すべき他人に対して使うべき言葉となっています。

「夫婦」の例文

・『私達夫婦は、先日離婚しました』 ・『今週末には夫婦で温泉旅行に行くつもりです』

「夫妻」の例文

・『仲人は部長ご夫妻にお願いするつもりです』

まとめ

2つの言葉は、二文字目が婦であるか妻であるかという違いがあります。

ですがどちらも、結婚している一組の男女という同じ意味を表す言葉であるため、使い分けに迷う人も珍しくありません。

もっとも「夫婦」は、自分達にも他人にもどちらにも用いる事が出来る言葉です。

対する「夫妻」は丁寧な言い回しであるため、上司等の目上の人等に対し敬意を込めて使用する言葉となっています。

そのため自分達や身近な人達に対しては基本的に使用しません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典