「失態」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「失態」

失態は「しったい」と読み、人の笑いものになってしまうような失敗をすること、対面を失う事を指しています。

あるいは不注意で非効率的な管理を指すこともあり、そのような場合は不行き届き、不始末、という類義語が挙げられます。

不注意な間違いの場合は過誤、間違い、しくじり、落ち度、過失、などという類義語があります。

「失態」の意味

失態という言葉は簡単に言えば失敗を指しており、それによって地位や面白、評判を下げてしまうことを指します。

恋愛においては恥ずかしい間違いを表すこともありますし、好きな人の前でしくじることも指しています。

「失態」の言葉の使い方

失態という言葉は日常的に簡単に使うことができる単語ですが、失敗よりも大きなものだと考えておきましょう。

そのため、他の人に対して使うときには注意が必要です。

他の人に対して失態という言葉を使ってしまうと、その人の失敗を責めているように聞こえてしまうこともありますし、笑いものにしているかのように聞こえてしまうこともあります。

自分が失敗してしまったことなどに対しては失態という言葉を使うことができます。

「失態」を使った例文・短文(解釈)

失態という言葉を使った例文にはどのようなものがあるのでしょうか。

ここでは実際に例文をいくつか紹介します。

「失態」の例文1

「今回のプロジェクトの心配は完全に私の失態によるものです」

仕事では新しいプロジェクトなどを抱えることがありますよね。

しかし、プロジェクトは失敗に終わることもあるでしょう。

プロジェクトが大失敗に終わってしまい、その原因が自分にあるのであれば、それはまさに「私の失態で」ということができます。

プロジェクトが自分のせいで失敗してしまうというのは大きなミスですから、そのような場合は自分の失敗を認め、しっかりと謝罪したいものです。

「失態」の例文2

「この仕事がうまくいかなかったのは絶対に上司の失態だよ、あんな事はあってはいけない」

仕事がうまくいかない理由は自分ばかりではありません。

もしかしたら上司が大失敗をしたために仕事がうまくいかなかった、取引が失敗してしまった、などということもあるかもしれませんね。

もしかしたら上司によっては自分のミスを認めないということもあるかもしれません。

しかし、上司のミスのせいで取引がうまくいかなかったなどとなれば、それは明らかな上司の失態となります。

たとえ自分の立場が上であったとしても、自分のせいで何かがうまくいかなかったというのであれば、きちんと謝罪できるようになりたいものです。

「失態」の例文3

「好きな人と付き合い始める前、初めてデートをしたときに緊張しすぎてうまく話せないという失態をした」

誰しも好きな人とデートをした経験があるのではないでしょうか。

デートはとても幸せなものですが、それと同時に緊張してしまいうまく話すことができなかった、転んでしまって恥ずかしい思いをした、などという経験を持つ人もいるでしょう。

好きな人の前ではとにかく緊張してしまいますから、そのために簡単なことを間違えてしまったり、失敗してしまったりすることもありますよね。

恋愛における失態というのは恥ずかしい間違いという意味を持っています。

「失態」の例文4

「政治家の失態により、経済が大きなピンチに陥った」

政治家たちは経済を良くするために日々奔走しています。

しかし、経済を良くするための政策が最終的に大きな失敗となり、ますます経済を悪化させてしまうということも考えられます。

経済を良くするためには人々にお金を使わせなければいけませんが、人々がお金を使えるように国民にお金を配れば良いというわけではありません。

そうなると予算が足りなくなってしまい、政策を長続きさせるということができなくなってしまう可能性もあります。

持続可能な政策を行うことが大切です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典