スポンサーリンク

「失笑」と「苦笑」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「失笑」と「苦笑」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「失笑」「苦笑」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「失笑」とは?

「失笑」は、思わず笑ってしまうことを意味します。

おかしくて噴き出してしまう様子です。

「失」という漢字には、うしなうという意味がありますが、「失笑」は笑いを失うこと、つまり笑えないことではありません。

文化庁では、毎年「国語に関する世論調査」を実施しています。

平成23年度の調査によると、本来の意味を理解している人は27. 7%、本来の意味とは異なる「笑いも出ないくらいあきれる」と解釈している人は60. 4%という結果になっています。

「苦笑」とは?

「苦笑」は、不快や戸惑いの思いを抱きながらも、仕方なく笑うことです。

他人の言動やおかれた状況にも、自分の言動やおかれた状況に対しても使うことができます。

同じ意味の言葉に「苦笑い」があります。

改まった表現として使われるのは「苦笑」の方です。

「失笑」と「苦笑」の違い

「失笑」は、おかしくて思わず吹き出してしまうことです。

しかし、「国語に関する世論調査」によると、本来の意味で理解している人は半数にも満たさず、笑いも出ないくらいあきれると捉えている人がいます。

「苦笑」は、苦々しい思いながらも仕方なく笑うことです。

まとめ

「失笑」はおかしくて笑うこと、「苦笑」はおかしくて笑うのではなく、不快や戸惑いがありながらも、仕方なく笑うことで、2つの言葉では本来の意味が異なります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典