「奇策」と「妙策」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「奇策」と「妙策」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「奇策」「妙策」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「奇策」とは?

「奇策(きさく)」とは、「普通の人では思いつきにくいようなはかりごと・常識的には想定しづらい術策」を意味している言葉です。

「はかりごと」というのは、「相手を罠にかけるための謀略・たくらみ」のことを意味しています。

「奇策」の表現には、「普通の人がまず予測できないようなはかりごと・奇抜な計略や策略」の意味合いがあるのです。

例えば、「彼はいつも奇策によって難局を乗り越えてきました」「私は意表を突くような奇策は好みではありません」などの文章で使用されます。

「妙策」とは?

「妙策(みょうさく)」とは、「目的を達成できるような優れた策略」「よく考えられた巧妙な計略・はかりごと」のことを意味しています。

「妙策」「妙」の漢字は「絶妙・妙法・妙味」などの熟語で使われますが、「言いようもないほど優れているさま」という意味合いを持っているのです。

例えば、「直面している難しい問題を解決するような妙策を誰も思いつきませんでした」「彼女の提案した妙策によって事態は急速に好転しました」といった例文で使うことができます。

「奇策」と「妙策」の違い!

「奇策」「妙策」の違いを、分かりやすく解説します。

「奇策」「妙策」「目的を達成するための策略・計略」を意味しているところは似ていますが、「奇策」という言葉は「普通の人が予想することができないような奇抜な策略・はかりごと」のことを意味しています。

「奇策」に対して「妙策」というのは、「目的の達成につながるような優れた策略・巧妙なはかりごと」のことを意味している違いがあるのです。

「奇策」には「普通では予測できない奇抜で変わった策」のニュアンスがありますが、「妙策」のほうは「しっかりと考えられている巧妙な策(優れた策)」のニュアンスがあるという違いを指摘できます。

まとめ

「奇策」「妙策」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「奇策」とは「普通の発想では思いつかないような意表を突くはかりごと」を意味していて、「妙策」「目的の達成に結びつくような(よく考えられていて巧妙な)優れたはかりごと」を意味している違いがあります。

「奇策」「妙策」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典