スポンサーリンク

「奮励努力」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「奮励努力」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

座右の銘やスローガンとして掲げられることの多い「奮励努力」という言葉は具体的にどのような意味なのでしょうか。

今回は、「奮励努力」の意味と類語について解説します。

スポンサーリンク

「奮励努力」とは?意味

「奮励努力」とは、「気力を呼び覚まして頑張ること」という意味の言葉です。

「奮励努力」の概要

「奮励努力」「奮励」とは「奮い立たせること」を意味します。

この場合は「自分自身の内面に呼びかけて気持ちを奮い立たせ気力や気合を入れること」を指しています。

「奮励努力」「努力」「目標や目的の達成のために力を尽くしてつとめること」を意味します。

ふたつの言葉を合わせるた「気持ちを奮い立たせて持てる力を尽くすこと」というのが「奮励努力」の表す内容です。

努力するには気力と体力が必要ですが長く時間が経つに連れてだんだんと気力が薄れてしまうのは人の常です。

そのような当初から比べて気力の萎えが見えてしまったときに「あらためて気合を入れなおしてがんばること」を指して「奮励努力」と表現します。

ただ力を尽くしたり頑張ったりするだけではなく精神面でも本気になって物事に臨むのが「奮励努力」であり、普段以上に気合いと力を込め限界ギリギリまで頑張る様子を表します。

身も心も振り絞って頑張る様子を表す言葉なので簡単に用いられものではありません。

ちょっと頑張ったり気持ちを新たにする程度ではなく、受験や全国大会など人生を左右するような大きな目標に対して心身を尽くして取り組むくらい本気時に使われる表現です。

「奮励努力」の言葉の使い方や使われ方

・東京大学現役合格を目指して奮励努力する。

・全国大会で優勝できたのは奮励努力のおかげだ。

・在学中は奮励努力の日々であった。

・売上目標達成に向けて社員一同の奮励努力を期待します。

「奮励努力」の類語や言いかえ

・一念発起
「物事を成し遂げるために強く決意すること」という意味の言葉です。

物事を志すきっかけを表す言葉で自らの心を奮い立たせるという点が「奮励努力」との類似点です。

言葉自体に努力の要素は薄いものの、この言葉が使われるときは後に努力や行動の具体的な内容が続きます。

・一意専心
「ひとつのことに集中し脇目もふらずに専念すること」という意味の言葉です。

他のことが目に入らなくなるほど高い集中力を表す言葉で、心身を尽くして努力する「奮励努力」とは類似した表現です。

最初から最後まで気力が変わることを持続する様子を表しているので「奮励努力」に比べると気力の充実度では上回ります。

・奮闘努力
「困難に負けることなく力を尽くして頑張ること」を意味する言葉です。

非常によく似た表現であり混同されがちですが「奮励努力」が気力を奮い起こすという精神面が含まれる表現であるのに対し、「奮闘努力」は現実に立ち向かって闘いながら頑張っていることを表す実践寄りの表現です。

・精励恪勤
「学問や仕事に精進すること」を意味する言葉です。

「全力を尽くしてきちんと勤めること」を意味しており、まじめに正しく頑張る様子を表します。

「奮励努力」が目標達成に向けて力を振り絞っているのに対し、こちらは毎日の仕事のように安定して力を出し続けることを表しています。

まとめ

「奮励努力」は日常生活ではまず使わない言葉ですがやや格式張った文書などでは見かけることがあります。

なじみのない言葉だからこそ知らないで恥をかかないよう正しい意味を学んでおきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典