「女々しい」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「女々しい」

この「女々しい」は、昔からある言葉ですが、最近ではそれほど聞かなくなりました。

それは、古い言葉だからというだけでなく、別の理由も大きく絡んでいます。

その理由とは、近年盛んに論議されている「女性蔑視」と思われかねない響きのある言葉だからです。

「女」を悪い例えとして使っている為に、そこが問題となっているのです。

「女々しい」の意味

女々しいとは、「全く男らしくない」「女のように情けない」という意味で用いられる言葉です。

よって、使われる対象は男性だけに限られます。

大抵の用語辞典などには先の前者の方の意味しか載っていないことがほとんどで、語源から考えると後者の方が分かりやすいのですが、これには前述の「女性蔑視」の問題が絡んでいます。

「男のくせに、まるで女のようだ」という響きから、女性を完全に情けない対象の比喩として使っています。

これが最近は使われなくなっている所以で、近年にはテレビなどのメディアにおける放送禁止用語にも指定されました。

「女々しい」の言葉の使い方

女々しいは、一般の人がそのような男性を見付けたり、そう感じた時に使う分には構いませんが、上で書いたように放送禁止用語の1つなので、テレビなどから聞くことはまずないでしょう。

この放送禁止用語とは、法などで定められている訳ではなく、あくまで自主規制という扱いです。

その為、昔のドラマの再放送などでは使っている場面があるかも知れませんが、その場合には必ずテロップで「当時の表現のまま放送しています」といった入ります(これも自主規制に絡む決まりの1つです)。

「女々しい」を使った例文・短文(解釈)

女々しいと使った例文や短文です。

ここまでの解説から、多くの人が疑問に感じていると思われることについても挙げています。

「女々しい」の例文1

「あいつは気が弱くて、本当に女々しい奴だ」お世辞にも男らしいとは言えない男性が、このように表現されることは今でも多いです。

メディアでは使えない言葉でも、一般ではこの言葉が一番当てはまると思った時には普通に使われています。

ただし、やはり女性蔑視という表現が強く表れてしまっている感があるので、現在の風潮を考えると、人前ではあまり使わない方がいい言葉です。

「女々しい」の例文2

「女々しいと言われようが、甘い物好きはやめられない」

女々しいは、このように「女性のようだ」という意味で使うこともできる言葉です。

この使い方の場合には、それほど悪い意味となっていませんが、言葉自体の響きが悪いのは否めないところです。

「女々しい」の例文3

「『女々しい』の解釈として、『雄々しい』と同等の意味もあると聞いたが本当だろうか」

これは、無理矢理とも言える解釈です。

「女々しい」が決して女性蔑視になる言葉ではないと言いたい為に、「男らしい」を表現する「雄々しい」と同じような意味もあると無理に後付けしただけです。

本当にそのような意味もあるのなら、相反する2つの意味を持ったよく分からない言葉だということになってしまいます。

この言葉にそんな意味はないので、このような無理な解釈に付き合う必要はありません。

言葉の意味は正しく覚えましょう。

「女々しい」の例文4

「『女々しくて』という歌が大ヒットしているが、よくテレビで歌えるものだ」

多くの人が、一度はこの疑問を覚えたことだと思います。

この「女々しくて」という曲はご存知のように、テレビで盛んに歌われていますが、曲のタイトルや歌詞として使用されている為に、特に放送禁止用語という扱いにはされていない為です。

ですが、全ての放送禁止用語に当たる言葉がそうという訳でもなく、ここは各放送局などの判断に委ねられるところです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典