「好人物」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「好人物」の意味

「好人物」という表現は、「性格的・人格的・道徳的に、好ましい特徴や言動の履歴を持っている人」を意味しています。

「好人物」というのは、「悪事(犯罪)をしたり人を傷つけたりすることのない性格(人柄)の良い人、お人好しな人」「他者から好かれて慕われやすい気立ての良い人」のことを意味している表現なのです。

「好人物」の読み方

「好人物」の読み方は、「こうじんぶつ」になります。

「好人物」の表現の使い方

「好人物」の表現の使い方を紹介します。

「好人物」の表現の使い方は、「他者から好かれたり慕われたりする性格・人間性の良い人」のことを指して使うという使い方になります。

例えば、「自分の子供が多くの人から頼りにされる好人物に成長してくれたことを誇りに思います」といった文章で使用することができます。

「好人物」を使った例文と意味を解釈

「好人物」を使った例文とその意味を解釈していきます。

「好人物」を使った例文1

「好人物であればこそ、悪人から目をつけられて騙されたり利用されたりしてしまうことがあるのです」

この「好人物」を使った例文は、「人から好かれる(人を疑うことを知らない)お人好しな性格の良い人物であればこそ」という意味を持つ文脈で、「好人物」という表現を使っています。

「好人物」を使った例文2

「彼はクラスの中でも人のために動くことのできる好人物として、多くの友人たちから慕われて信頼されていました」

この「好人物」を使った例文は、「好人物」という表現を、「彼はクラスの中でも人のために動くことのできる性格(人柄)の良い人物として」という意味合いで使用しています。

「好人物」の類語や類義語

「好人物」の類語や類義語を紹介します。

「善人」【ぜんにん】

「善人」という表現は、「道徳的(倫理的)に間違ったことをしない人物」「悪事・犯罪・人の嫌がることをせず正しいことを実践する人物」のことを意味しています。

その意味合いから、「善人」という表現を、「道徳的・性格的に好ましい特徴を持っている人物」を示す「好人物」と類似の意味を持つ類語(シソーラス)として考えることができます。

「お人好し」【おひとよし】

「お人好し」という表現は、「性格が良くて相手に対して強くものを言えないために、損な役回りを引き受けてしまうこと・その人」「自分の意見・考えをはっきり主張できずに、相手に押されて従ってしまう人」を意味しています。

これらの意味から、「好ましい性格の特徴があるお人好し・善人」を示す「好人物」の類義語として、「お人好し」を指摘できます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典