「好循環」と「悪循環」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「好循環」と「悪循環」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「好循環」「悪循環」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「好循環」とは?

「好循環」の意味と使い方について紹介します。

「好循環」の意味

「好循環」「こうじゅんかん」と読みます。

意味は、「相手に対して良い影響を与えることにより、それが更に良い影響をもたらして元に戻ってくるという、良い連鎖の流れが生れること」です。

「好循環」の使い方

「好循環」は、あるものごとに対して良い影響が出る様にすることで、それが他のものごとに良い影響を与えたり、良い状態で自分の元に戻ってくるという良い連鎖を繰り返すことを言います。

例えば、相手の仕事を手伝ってあげたら、次には相手が自分の仕事を手伝ってくれて、その為に仕事がスムーズに行き、取引先から信頼される様になり業績が上がるなど、良い巡り合わせが生じる時に使われます。

「好」「このましい」という意味、「循環」「ひとめぐりして元に戻ることを繰り返すこと」という意味で、「好循環」「このましいめぐりを繰り返すこと」になります。

「悪循環」とは?

「悪循環」の意味と使い方について紹介します。

「悪循環」の意味

「悪循環」「あくじゅんかん」と読みます。

意味は「一つの良くないものごとが、次々と他に悪い影響を与えて元に戻ってくること」です。

「悪循環」の使い方

「悪循環」は、「好循環」の対義語で、あるものごとに悪い影響が出た時に、それが他のものごとに悪い影響を与えてしまい、悪い状態で元に戻ってくるという負の連鎖を繰り返すことを言います。

具体的には、仕事でミスしたことにより落ち込み、他の仕事に対して集中力がなくなり、ミスを繰り返す様になってしまい、その結果取引先を怒らせることになる時などに使われます。

「好循環」と「悪循環」の違い!

「好循環」「相手に良い影響を与える現象が巡り巡って続くこと」です。

「悪循環」「相手に悪い影響を与える現象が巡り巡って続くこと」です。

まとめ

今回は「好循環」「悪循環」の違いをお伝えしました。

「好循環は良い連鎖」「悪循環は負の連鎖」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典