スポンサーリンク

「好意」と「善意」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「好意」と「善意」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「好意」「善意」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「好意」とは?

「好意」の意味と使い方について紹介します。

「好意」の意味

「好意」「こうい」と読みます。

意味は「その人に対して親しみを感じたり、良いと感じる気持ち」「その人の為に何かしたいと思う気持ち」です。

「好意」の使い方

「好意」には以下の2つの意味と使い方があります。

1つ目は、「その人に対して親しみを感じたり、好ましいと思う気持ち」という意味で「婚活で好意を持たれるふるまい」などと言います。

2つ目は「その人の為に何かしたいと思う気持ち」という意味で、「相手の好意に甘える」などと言います。

上記に共通するのは、「相手のことが好きだという気持ち」という点です。

基本的に相手のことが好きなので、声をかけたり何かしてあげたいと思うのです。

「善意」とは?

「善意」の意味と使い方について紹介します。

「善意」の意味

「善意」「ぜんい」と読みます。

意味は「よい心」「他人の為に親切にする気持ち」「相手の言動を、前向きに良くとらえる」「法律用語で、事情を知らずによかれと思ってすること」です。

「善意」の使い方

「善意」は、日常で使う時には以下の3つの意味と使い方があります。

1つ目は「よい心」という意味で、「善意の持主」などと言います。

2つ目は「他人の為に親切にする気持ち」という意味で「善意の募金」などと言います。

こちらは「好意」とは違い、相手に対して特に「好ましい」という気持ちはなく、困っている人の為に何かしてあげたいという気持ちです。

3つ目は「相手の言動を、前向きに良く解釈する」という意味で、「善意に受け取る」などと言いいます。

上記に共通するのは「人の良心による言動」という点です。

「好意」と「善意」の違い!

「好意」「好ましいと思う人のために何かしたいと思う気持」です。

「善意」「困っている人の為に何かしたいと思う気持ち」です。

まとめ

今回は「好意」「善意」の違いをお伝えしました。

「好意は相手のことが好き」「善意は相手を助けたい気持ち」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典