スポンサーリンク

「好成績を収める」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「好成績を収める」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「好成績を収める」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「好成績を収める」とは?意味

結果として好ましい成績をあげること、成果をあげることなどを意味する言葉で、基本的には数字が出る結果に使われます。

商品の売上や学校の成績、野球の打率、ホームラン数、奪三振数、車の燃費の良さ、(馬力は一般的数値であればある程度メーカーで設定できるため好成績を収めるとは言いません)映画の興行収入、視聴率、聴取率、チャンネル登録数、雑誌の発行部数、得票数などが「好成績を収める」の対象でかなり幅広く使えます。

また、厳密にこの数値であればこれ以上が好成績を収めるというという決まりはないため、人により基準が異なる部分があります。

「好成績を収める」の概要

好成績を収めるという言葉は目標の数値に対してある程度近い数値を得ていることが必須といえ、目標の数値がかなり厳しいものであれば達成は絶対的な条件ではないケースも少数ながらあります。

また、目標を突破した場合は「好成績を収める」以上の表現では、予想以上の好成績を収める、想像以上の好成績を収める、かつてない好成績を収めるなどの使い方があります。

基本的にはポジティブな言葉で、結果に対して使われることが多いですが、好成績を収めることを目的にがんばりますというような未来の結果に対して使うこともできる言葉です。

「好成績を収める」の言葉の使い方や使われ方

「新型車の販売台数が好成績を収める」「新しい車体が空気抵抗のテストで好成績を収める」「バッターとしてもピッチャーとしても好成績を収める」「好成績を収めるための努力は惜しまない」などの使い方があり、基本的には成績を出したものを評価、報道する側が「好成績を収める」という言葉を直接使う立場にいます。

なお、好成績を出した側もインタビューなどで「好成績を収めることができた」などと答えることはあります。

なお、一定回数のチャレンジをしての言葉で、野球では打席に立つことなく打者が好成績を収めるとは言いません。

一年間まとめて、一週間まとめてなど好成績を収める期間をまとめる単位は個人では自由に設定でき、販売成績などでは年度と一ヶ月、一年などでまとめられます。

「好成績を収める」の類語や言いかえ

好成績という意味合いであれば幅広く使える言い換えの言葉として「素晴らしい成績を収める」「成功を収める」「良い成績を出す」「結果を出す」などがあり、意味合いは近いものの、得点のある概念でのみ使える言い換えの「高得点を得る」「素晴らしい点数を取る」などがあります。

まとめ

好成績を収めるという言葉はポジティブな結果を示す意味で、企業やスポーツ選手等を始めとして誰もが目指すものでもあります。

前例にない好成績を収めるなどさらに強調した言葉もいくつかありますが、成績となるものに比較対象をもたせて使うケースが多くなっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典