スポンサーリンク

「妙齢の女性」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「妙齢の女性」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、妙齢の女性の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

妙齢の女性とは?意味

妙齢の女性とは、若い年頃の女性を意味する言葉です。

妙齢(みょうれい)の妙には「若くて美しい」という意味が込められており、若い女性や年齢的に年頃の女性を指し、その女性が一番輝いている美しい年齢という意味合いがあります。

妙齢の女性の概要

妙齢の女性は男性よりも女性に対して使う言葉で、職場よりもプライベートの会話の中で使われています。

女性の容姿を見て、若いと感じる人に対して褒める意味も込めてうまく使えば相手の気持ちを掴み、口説き文句として使えます。

若い女性や男性にモテる年頃の女性に使うだけではなく、結婚するのにちょうどいい年齢の女性に対しても使うこの言葉は、何歳までの人に使うという定義はありません。

そのため、40歳の女性であっても見た目が若く、男性にモテそうな女性にも使えます。

妙齢の女性の使い方や使われ方

妙齢の女性の使い方は、年齢的に年頃だなと感じる女性に使いますし、見た目が若い年増の女性にも使える言葉です。

ただし、年齢や性別で相手を評価するとセクハラにあたるビジネスシーンでは相応しくないため、主にプライベートで使います。

20代の女性のほとんどの人が妙齢の女性に当てはまりますが、若々しく、魅力的な独身女性にも当てはまります。

中学生や高校生など年頃の女性に成長した人には「妙齢になった」と使い、「美しい女性に成長した」という気持ちを伝えるときに使う場合もあります。

しかし、気をつけなければならないのは、妙という言葉には「甚だしく巧みなさま」との意味がありますので、中高年女性に使ってしまうと「高齢」と解釈してしまい、不快な気持ちにしてしまう場合がありますので注意が必要です。

妙齢の女性を使った例文(使用例)

妙齢の女性を使った例文を3つ挙げます。

・結婚適齢期になった女性のことを妙齢の女性と言う。

結婚適齢期の女性も妙齢の女性に当てはまります。

最近は晩婚の人も増えていますので、中年女性であっても結婚適齢期の人に当てはまるほど美しい人には妙齢の女性と使います。

・妙齢の女性は男性を虜にする魅力がある。

惚れてしまいそうだ。

妙齢の女性は若くて美しい人でありますので、男性を魅了して虜にすると思うときに使います。

惚れそうになるほど魅力的な人だと伝えている例文です。

・近所に越してきたお嬢さんは、妙齢の女性で素敵だ。

会うたびに胸が高鳴る。

近所に越してきた娘さんは若くて美しい女性のため惹かれたという気持ちを表すとき、妙齢の女性と表現します。

会うたびにドキドキと胸が高鳴り、魅了されるという気持ちを伝えます。

まとめ

妙齢の女性は、若くて美しい女性に対して使われるだけではなく、独身の中年女性で魅力的な女性にも使う言葉です。

相手を褒める意味でも使われる言葉ですので、使い方を間違わなければ言われた女性は嬉しい気持ちに包まれるでしょう。

若くて美しい女性というよりも、どこか表現の仕方がうまい人と感じさせる妙齢の女性を使い、素敵な人だなと感じさせて、会話が盛り上げられる言葉になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典